私が考える使える不動産仲介の担当者とは?家を売るためのおおきなポイントの仲介選び。

営業マンのイメージ写真

   

不動産業界にいた視点から、いい営業担当について書いてみました。

私は6年ほど不動産業界で働いており、様々な営業担当者と取引をしてきました。

私は建売用地の仕入れ担当として、市場に出回っていない土地の情報を仲介業者から教えてもらい、それを自社で購入し建売住宅として商品化するという仕事をしていました。

用地の仕入れという仕事の性格上、一般ユーザーのかたを接客するというよりも、まだ市場に出回っていない土地の情報をもらうために仲介会社の営業マンを接待する機会が多かったです。

そのおかげでさまざまな営業マンのかたと、本音の部分でおつきあいさせていただくことができました。

そのなかにはすごく仕事のできる営業マンで「この営業マンだったらお客さんも満足だろうな」と感じたこともあったり、反対にまったく仕事のできない営業マンで「お客さんがかわいそうだな」と心底感じたことも少なくありません。

そんな経験を今振り返ると、いい経験させてもらったなあなどと思い出とともに感謝も感じます。

私が経験したことは世の中の人からしれみれば大したことではないかもしれませんが、家の売却を考えている人、不動産仲介を探している人になら少しは役立てばとおもいコラム風に記事を書いてみることにしました。

使える担当者と使えない担当者の違い

建売業者だった私からみる”使える担当者”と一般のお客さんからみる”使える担当者”というのは、必ずしも一致しません。

どっちかを優先させれば、かならず片方とは対立構造になりやすからです。

不動産という大きなものを扱うときには綺麗ごとなんて言ってられませんから、自分の味方になってくれる”使える担当者”を探すことが重要です。

では一般のお客さんからする”使える営業マン”というのはどういった人のことなんでしょう?

無理なものは無理と言える営業担当者

不動産仲介なんていっぱいいますから、普通は一般のお客さんの気持ちを逆なですることはありません。

お客さんが無理なお願いを言っても、はっきり断らずになんとなく受け入れてしまう営業担当者は少なくありません。

しかし、良い営業担当者は無理なものは無理と即答してきます。

不動産売却の場面を例にとって考えてみたいと思います。

ある不動産をあなたが売りたいとします。

あなたの希望売却価格は3000万円。まわりでは同じ金額で売れた例が過去にあったのであなたは強気です。

さっそく仲介会社に依頼したところ、査定が2000万円にしかなりません。

あなたは「以前同じような物件が同じ値段でうれているんだだから、もっと高値で売りに出してくれ!」と伝えます。

ここができる営業マンとできない営業マンの違いです。

できる営業マンはここで理由をはっきり言ってそれは無理だといことを教えてくれます。

「その例は5年前の取引価格です。その金額では今は絶対に売れませんし、そんな価格でだしたら情報だけ知れ渡って物件が死んでしまいますよ!」

とはっきりと教えてくれます。これって不動産業者側からするとかなり勇気のいることなんですよ。

だって、それを言ったら他の業者に行かれてしまう可能性が高くなっちゃうじゃないですか?だからよほどの自信がないとこんなこと言えません。

お客さんに意見を言うのって、ユーザーの人が思っている以上に勇気と知識がいるんです。

だから”できない営業マン”はその値段じゃ売れないことを知っていても、お客さんの意見に逆らわないように「じゃあ、いちどその値段でだしてみましょうか…」となるわけです。

もちろん何でも間でも一般のお客さんのいう事に反対する営業マンが良いというわけではありません。

不動産の価値を最大限にいかすにはどうしたらいいかということが大前提の上、お客さんにとって耳の痛い話でもちゃんと伝えてくれる。

これができる営業マンはとてもいい営業担当者だと思います。

つかえる営業担当者は”アクが強い

こういう使える営業マンというのは見る人によっては、横柄で”アク”が強いと感じることがあるかもしれません。

しかし、それは強い意志の表れでもあるので最初はいやな感じがしてもちょっと話を聞いてみるといいかもしれません。

不動産の取引はときには取引相手と権利のぶつかり合いになることがあります。そのときにはガンガン言い合って権利をこちらにもってこれる気合も必要です。

そのためには多少”アク”が強くても、自分のお客さんを大事にする営業担当者を使うようにしましょう。

ちなみに私は建売の売主側の人間として、買主側の仲介担当者と何度もやりとりをしたことがありますが、やっぱり”アク”の強い人は自分の利益=お客さんの利益なので詰めが半端じゃないなという印象を持っています。

”アクが強ければいい営業マン”とはいえませんが、あそこの仲介の担当者は”アク”が強いから…といって避けてしまうのはいい営業マンを逃してしまうかもしれません。

どうやっていい営業担当者をみわけるの?

アクの強い営業担当でも話してみろと言われても、話したところで分からないということもあるでしょう。

ここで簡単に使える営業担当と使えない営業担当が一発でわかる方法を教えます!極秘情報です!

それは肩書をみる方法です!

すみませんがっかりさせてしまったことだと思います。

でもこれ結構使えるんですよ。

とくに大手の不動産ではなく地元で長くやっていて、それなりの人数を抱えている不動産仲介ならこの方法で十分です。

大手にまけず地元で人数を抱えて営業するにはそれなりの勢いがないとやってきません。そこの従業員であればタフネゴシエートも辞さないでしょう。

そういった会社の部長以上のクラスであれば、まず間違いなく信用して大丈夫です。

肩書で人を信用するなんて時代錯誤のように思われてしまうかもしれませんが、それなりの肩書をえるのは戦いに勝ってきた証拠です。

一番簡単な方法ですし、使える営業担当を探すならぜひこの方法で探してみてください。すごく簡単ですしね。

まとめ

今回はじめてコラムのような記事を書いてみました。

コラムといえ自分の体験をもとにして、使える情報を欠いたつもりです。

機会があればまた書きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 - コラム