シャレにならない!不動産会社を装って突然訪問する詐欺にご注意を!

   

不動産会社を名乗り玄関ドアを強引にあけさせようとする事案が発生したようです。ツイッター上で@tomura07さんという方がその恐怖体験を漫画にしていました。どのような事件なのかまとめたうえで、対策法などもあわせてご紹介します。

不動産会社を名乗る人間が突然訪問してきた恐怖の体験談

トムラ@tomura07さんが体験したのかなり前とのことですが、ある日の夜8時ごろ、突然不動産会社の社員となのる男がインターホンをならして訪問してきたそうです。

インターホンについているカメラが暗くてよくわからず音声も聞き取れなかったため、玄関にいきドアチェーンをつけてドアを開けたところ…

玄関を開けた瞬間大声でまくし立ててくる

「なんでチェーンをかけてるんですか!」

とはじまり、

・数日前に大事な書類を投函した!
・チラシと一緒に捨てたのでは!
・チェーン外して話し合いましょう!
・部屋の契約にも関わる大事な話がある!

とまくし立てられたとのこと。

不審すぎるので玄関を閉めようとすると、

・どうなっても知らない
・大変なことになる

といって玄関ドアしめさせないそうです。

トムラ@tomura07さんは怖くなって大家さんに確認するといって玄関ドアを閉め、警察に連絡。

後日契約確認のためお世話になってる不動産会社に確認にいったところ、契約に問題はないとのことだったとか。

チェーンを掛けていたこと、怪しいと感じてすぐに玄関をしめたことで大事には至らなかったようでなによりです。

トムラ@tomura07さんのツイート

似たような事案はたくさんある

不動産屋を名乗っていたということで不動産の関連の情報を発信している当サイトで注意喚起の記事にしましたが、他にも事例はたくさんあります。

今回は不動産屋でしたが宅配便を名乗ったり新聞屋さんを名乗ったりと、こちらが不振に思わなそうな職業だったり、警察や市役所職員・消防のようにこちらが動揺して玄関を開けてしまう職業を名乗ったりすることもあります。

もっと狂暴な犯罪の可能性もある

こういった強引な訪問は押し売りの手口として使われることが多いです。

ドアを開けた途端ズカズカと入ってきて、商品を契約するまで帰らないという手口ですね。

トムラ@tomura07さんのケースでは特に大事にいたりませんでしたが、過去には宅配便を名乗った強盗や暴行なども起きていますし、最悪のケースにまで貼ってしてしまったこともあります。

普段からインターホンを使わず玄関を開けてしまう習慣がある方は、つい癖で玄関を開けてしまいます。

普段からインターホンを使って相手を確かめてから出るような意識づけをしておきましょう。

マンションだけが狙われているわけじゃない

1ROOMのマンションなどは一人ぐらしの方が多いので狙われやすいですが、家族向けのマンションや戸建てでも同様の事件は起きています。

1人暮らし家族暮らし関係なく犯罪者は狙ってきます。自分だけは大丈夫といった安心感をもつことなく必ず訪問者を確認するようにしましょう。

予定にない訪問者が来た時の対策法

予定にない訪問者や思い当たりのない来客があった場合にはつぎのことを徹底しましょう。

すぐに玄関を開けない

とにかく玄関は絶対にすぐに開けてはいけません。玄関ドアは最後の壁です。来客があっても絶対にすぐに玄関ドアを開けない、というぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

来客があるとすぐに玄関ドアを開けてしまう習慣がある方は特に要注意です。

来訪者があったときにいつもの習慣でつい玄関を開けたら、犯罪者や不審者だった…では手遅れです。

習慣は一定の期間意識して矯正しないと治りません。安全のために習慣を改めてインターホンなどを使って事前に来客者を確認するようにしましょう。

常にチェーンを掛けておく

チェーンをしっかりかけておくことも忘れずに。

来客があったからチェーンを掛けて玄関を開ける。

この流れは危険です。というのも、チェーンをかけ忘れて玄関ドアを開けしまう可能性があるからです。

家に帰ってきて玄関を閉めたらすぐにチェーンをかけるクセを付けておきましょう。

そうすればチェーンをかけ忘れてドアを開けてしまっても安心です。

ただしチェーンがあるからといって不用意にあけるのはNGです。少しでも玄関が空くと脚を入れてしまらないようにして永遠と叫び続ける強者もいます。

不審な来訪者があったときの基本は、あくまでも玄関ドアを開けないことです。

来訪者には必ずインターホンで対応する

突然の来訪者には必ずインターホンで対応しましょう。

ただし悪質な来訪者だとインターホンのカメラを手で覆ったり、わざと小声でしゃべって玄関にでてくるように仕向けてきます。

インターホンのカメラが見えなかったり、良く聞こえないときには最悪無視するぐらいでちょうどいいと思います。

本当に休養なら手紙やメモを投函していきますので、自分の体を危険にさらすぐらいなら無視でOKです。

インターホンが無い方であれば玄関ドアについている”のぞき穴”で確認しましょう。

ただこちらも手でふさがれている可能性があります。暗くて見えないようなら確実にふさいでいるでしょうからこれも無視するのが無難です。

相手が行っている職業や身分を信用しない

相手はこちらの玄関ドアをどうんにかして開けるように仕向けてきます。

不動産屋をなのることもあれば宅配便を名乗ることもあります。

警察や弁護士・税務調査官などこちらがつい動揺して玄関ドアを開けてしまうような職業も危険です。

もしそのような職業を名乗る人間が来て無視する訳にもいかないと感じたら用件を必ず聞きましょう。

そのうえで折り返し連絡すると伝え、インターホンを切って無視しましょう。

相手が怒って大声で騒ぎ立てるようなことがあったらすぐに警察に電話です。近所迷惑だからといって外にでれば相手の思うツボですし非常に危険です。

玄関前で大騒ぎするような連中は普通ではありませんので、警察に任せましょう。

ちなみに連絡先を聞いてもそこに電話をしたらダメです。なぜなら連絡先が詐欺や犯罪者の仲間かもしれませんので注意しましょう。

危険を感じたらすぐに警察へ

明らかに危険を感じたらすぐに警察に電話しましょう。

自分で解決しようとするのが一番危険です。詐欺ぐらいなら金銭的なダメージで済みますが、過去には最悪の事態となってしまったケースもあります。

とくに女性の一人暮らしということがバレてしまうと、危険度は各段にアップしてしまいます。

このようなトラブルに巻き込まれてしまうと非常に怖い思いをしてしまうと思いますが、とにかくなにか起こる前に危険を感じたら警察に通報するようにしましょう。

まとめ

不動産屋を名乗って玄関ドアを開けさせようとする事案が発見されています。

玄関ドアを開けさせる理由として不動産屋を名乗ったわけですが、過去には宅配便業者や警察を名乗った事例もあります。

不審な人物が訪れてきたら絶対に玄関ドアを開けてはいけません。マンションにしろ戸建住宅にしろ自分の身を守るために、必ずインターホン、のぞき穴などで確認してから対応しましょう。

 - 不動産ニュース