不動産売却で良い仲介を探す3つの方法と絶対やるべきたった1つのこと

握手する営業マンのアイキャッチ

   

不動産売却では良い仲介を見つけることが、高く安全に売るための最大のポイントです。今回は売却の良きパートナーとなる仲介を見つける3つの方法と、絶対にやっておくべき1つのことを紹介します。

不動産売却の成功は仲介選びで決まる!

不動産売却が成功するかどうかは、仲介のレベルによるところが大きいです。

できるだけ高く売るのも、トラブルなくして引き渡しを終えるのも、仲介がどれだけ動いてくれるか・どれだけ処理してくれるか、ということが重要なポイントです。

実際に高く売れるかどうかについては買主との縁や運といったことにも影響されるので100%はありませんが、それでもしっかり宣伝活動をしてくれる仲介会社がいなければ縁や運もあったものではありません。

不動産の売却を考え始めたら、まずは良きパートナーとなる不動産仲介を探すことが最初の課題であり、最も重要なポイントとなります。

信頼できる不動産仲介と出会う3つの方法

信頼できる良き仲介会社を見つける3つの方法を紹介します。

買ったときの不動産仲介に相談

もし売却希望の不動産がここ十数年の間に購入したものならば、購入したときにお世話になった仲介業者に連絡してみるといいです。

不動産を取得したときの担当者がいれば物件のことを良く知っているでしょうし、一度取引した関係性があれば、情もあって良いパートナーになってくれる可能性が高いです。

購入時の仕事ぶりが悪く全く信用できない会社だったならば相談する必要はありませんが、信頼に足る仕事をしてくれていたのであればかなり有力な仲介候補になります。

知り合いの不動産仲介に相談

全く縁もゆかりもない仲介会社よりも、知人や知人が紹介してくれる仲介に依頼するほうが安心度はあがります。

購入から何十年もたっている不動産だったり、相続で受け取った不動産だったりすると購入したときの担当者に頼るという方法が使えません。

そんなときは知人や知人の知り合いで不動産仲介会社に勤務している方がいないか探してみましょう。

仲介の担当者は一見で来社したお客さんよりも、知人や知人からの紹介を必要以上に重要視します。

なぜだと思いますか?

少し下品な言い方になってしまいますが、不動産仲介で一番おいしいお客さんは”紹介客”だからです。

紹介客は成約に結び付く可能性が高いことがわかっているので、本気で接客して売却のサポートをしてくれます。

よほどダメな仲介でなければ『紹介した人がまた紹介してその人がまた紹介して』…といってネズミ算的に紹介客を獲得することが出来ることを知っています。

そうなれば仕事が異常に楽になることを良く知っているので、下手なことはできませんし不義理なことをしてしまえば今後の仕事に影響することを理解しています。

不動産業界ではたらいている方は結構多いですし、銀行業務の方だと不動産会社に知り合いが多かったりするので、心当たりがあれば相談してみてください。

近隣の不動産仲介に相談

一番オーソドックスな方法は、売却したい不動産の近くにある仲介会社に相談してみることです。

購入のときに付き合いのあった仲介や、知り合いに不動産仲介がいないときは、近隣の不動産仲介に持ち込むのが一般的です。

ただしいきなり仲介会社に飛び込んでも、担当者がどんな人間かわかりませんし、立て板に水のように専門用語をまくしたられてしまって不用意に媒介契約を結んでしまうといった危険性もあります。

仲介を見つける方法としてはなくはありませんが、あまり賢い方法とはいえません。

「じゃあどうするの?」

という事になると思いますが、そんなときには次に紹介する『必ずやるべきたった1つのこと』を実行してください。

不動産売却時に必ずやるべきたった1つのこと

不動産の売却で成功するためには、過去の取引で付き合いのあった仲介や、知り合いの仲介に相談するのは有力な方法の一つです。

それにプラスして必ずやっておくべきことがあります。

それは不動産の一括査定をして複数の仲介から査定をしておくことです。

必ず複数の不動産仲介から査定を受けること

不動産を売却するときは、必ず複数の不動産仲介から査定を受けるべきです。

信用できる仲介がいてもいなくても、知り合いの営業マンがいてもいなくてもです。

不動産の査定額は会社によって異なります。

査定額と同じ金額で必ず売却できるとは限りませんが、自信のある仲介なら査定額も強気です。

それに複数の仲介と触れ合うことで、それぞれの会社を比較することができます。

一社に任せきりだと、

売り出し価格が高いのか安いのか?
担当者の質が高いのか低いのか?
不動産の売却に精通しているか?

といった不動産仲介や金額の比較することができません。

仲介を比較することで良し悪しがわかる

仲介の良し悪しを判断するためには比較をする対象がないとダメです。

過去の取引で知った営業マンや知り合いの仲介営業マンも含めて、複数の仲介と知り合うことで比較をするようにしましょう。

査定額
会社の雰囲気
営業担当の質

を必ず比較してあなたとマッチする仲介や担当者を探してください。

ひょっとするとあなたの思い描く100%理想の仲介と出会うことはできないかもしれませんが、それでも多くの仲介を比較することでベターの選択をすることは可能ですし、高額売却の実現も夢ではありません。

まとめ

不動産売却で良い仲介を見つける方法は、

過去につきあいのある仲介に相談する
知り合いの仲介に相談する
近隣の仲介会社に相談する

という3つの方法が考えられます。

それに加えて必ずするべきことは不動産一査定です。

3つのどの方法で仲介を探すにしても、一括査定で複数の仲介会社に査定を依頼することを忘れないようにしましょう。

一括査定を使うのは査定額を参考にできる限り高く売るためでもありますが、複数の仲介を比較することで良い会社を見つけるためという理由もあります。

仲介選びでうまくいくと100~200万単位で売却価格が変わることもしばしばです。

3つの方法と1つのやるべきことが参考になって、あなたの不動産が予想以上に高く売却され、スムーズに引き渡すお手伝いができればなによりです。

 - はじめて不動産売却をする方のためのお役立ち記事まとめ