不動産売却を考えたら最初にすること

家のミニチュアと図面書類

      2016/05/26

不動産の売却に慣れていないと、なにから手を付けていけばいいのか迷ってしまいすよね。

不動産は扱う金額が大きく、そのぶん失敗したときの痛手も比例して大きいです。

不動産を売るときには仲介業者の存在が欠かせません。彼らの経験や知識があれば取引自体はそう難しいものでありません。しかしそれは仲介業者や担当者の能力に大きく影響します。

仲介の質が低ければ売主に負担がかかりますし、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も高くなります。

そこで、今回は優良な不動産屋や担当者と出会うためのステップを紹介していきます。

不動産を売ろうと思ったら

近隣相場と取引事例のチェック

まず近隣の相場をチェックすることからはじめます。

SUMOやHOME'S、アットホーム、ヤフー不動産などで近隣の物件を調査します。するといくつかの物件がでてくるのでメモやプリントアウトしておきましょう。

ただし今出ている物件は売れていない物件です。売り始めたばかりかもしれませんが、良い物件はすぐ売れてしまうので基本的に売れていない物件と考えるべきです。

そこで取引事例がわかるサイトもチェックしておきましょう。

レインズという不動産業者向けに公開されている国土交通大臣認定のデータベースサイトがあります。

レインズ自体は業者しかみることができませんが、レインズのデータを利用したサイトがいくつかあります。

そのなかでレインズマーケットインフォメーションというものがあります。このサイトはレインズに乗っている成約価格を紹介してくれるサイトです。

データはまだまだ少なく詳細な住所の記載はありませんが、仲介業者を探す際の話のタネになるのでチェックしておきましょう。

資料を集める

近隣の相場チェックや成約事例などのチェックが終わったら、物件の資料を集めてみましょう。

仲介業者と媒介契約を結べばすべて集めてくれますが、一度媒介契約を結んでしまうと情報はあっという間に広がってしまいます。不動産も鮮度が命です。

売ろうとしている不動産の鮮度が落ちてしまわないように大切に扱う必要があります。

媒介契約を結ぶ前にまず優良で質の高い会社や担当者を探したいところです。

そのためにはいくつかの不動産屋を訪ねて話を聞くのが一番です。話を聞くためにはそれなりの資料を自分で集めておくことが必要になってくるというわけです。

 

相談時に必要な4つの書類

法務局(登記所)支局、出張所、オンラインで取得できるもの
登記事項証明書(土地、建物)
地積測量図
公図

不動産購入時に引き渡されているもの
建築家人書類一式

相談時にはこの4つがあれば十分です。

相談に行く目的は簡易的な相場を知ることと、営業担当者の質を調べることです。相場と仲介の質の調査を目的に相談しにいきましょう。本格的な調査は媒介契約を結べば仲介がやってくれるので大丈夫です。

不動産仲介会社に相談に行く

売却予定の不動産がある地域の不動産屋を訪ねてみましょう。ただ不動産屋と一口に言っても専門としている分野が違ったりしています。

賃貸が得意な会社、収益物件の売買が得意な会社、販売だけが得意な会社、売却物件ばかりを扱う会社と様々です。

一番簡単な方法は大手不動産を訪ねてみることです。三井のリハウス、東急リバブル、住友不動産販売、三菱東京UFJ不動産販売、三井住友トラスト不動産、みずほ不動産販売などは売却案件を取り扱うことが多く経験の高い営業担当者もたくさんいるでしょう。

また、地元の有力不動産業者もあなどれません。地元に密着している不動産仲介会社は地主さんや地元の有力者とのつながりが強く、情報やお客さんのかずが大手よりも充実していることがよくあります。

そういた地元の有力不動産仲介は歴史がふるく宅建免許番号も大きいです。宅建番号とは看板などに提示されている宅建業を営むための免許番号です。

『国土交通大臣(○)第1234号』や『○○県知事(○)第1234号」というふうに記載されています。

宅建免許番号の前にある()の中の数字は免許を更新をした回数となります。1996年4月以前は3年に一回、以降は5年に一回更新される仕組みになっています。

つまり()の中の番号が大きければ大きいほど、歴史のある不動産屋ということになります。

もっと簡単に探すには

不動産屋さんを探すのは結構大変です。歩き回らなければいけませんし、入った不動産業者が確実に売却案件に強い会社とは限りません。そこで便利なのがネットにおける一括査定サイトです。

一括査定サイトに登録すると、売却不動産周辺の不動産仲介会社が簡易的に査定をしてくれます。その結果をみて仲介業者を選ぶことができます。

返答のあった不動産業者なら間違いく売却に精通している会社ですので、一から仲介を探すよりも負担が少なくてすみます。返答のあった会社すべてに会ってみるのもいいですし、いくつかの候補に絞ってみるのもいいでしょう。

まとめ

最初にやることは近隣の相場チェックや取引事例をチェックしましょう。

それが終わったら資料を集め仲介業者を探します。自分で探してもいいですし、一括査定サイトを使ってもいいでしょう。

自分にあった仲介を見つけることができれば、不動産売却は成功したも同然です。

 - はじめて不動産売却をする方のためのお役立ち記事まとめ