不動産の売却を相談するにはどこがベスト?

家と家族のクレイアート

      2016/05/26

不動産を売却することになったら

不動産の売却を考えたらまず不動産仲介業務をメインに行っている不動産会社に相談するのがベストです。

不動産会社といってもメインで扱っている事業は会社によって異なります。

売買仲介がメインの会社、賃貸仲介がメインの会社、建売住宅を企画販売している不動産会社、開発事業専門の不動産会社など多種多様です。

当然求められる知識やスキルも異なるので、専門外の仕事を依頼しても良いパフォーマンスを得られることはありません。

この辺はお医者さんと似ています。腹痛があれば内科の先生に診てもらいますよね。決して皮膚科には行かないはずです。

一応学問として医療全般の知識があっても、専門的に見ている分野以外では実力がガクンと落ちてしまうのが普通です。

不動産屋さんも同じで、専門的に扱っている業務外の取引では実力が格段に落ちます。

不動産の素人に毛が生えた程度の知識しか持ち合わせていないことも珍しくありません。

お医者さんと違うのは不動産屋では専門分野をあまり明確にしていないことです。

街中にある不動産会社はどこも『売買仲介、賃貸仲介、用地買取』などと書いていて、専門分野やメイン事業がはっきりしません。

不動産を売却しようと思ったら不動産売買の仲介業務がメイン事業で、積極的に仲介を行っている会社に依頼することがキーポイントになります。

どうやって探すの?

街の駅周辺にある不動産会社であれば売買か賃貸の仲介をメインにしている会社の確率が高いです。あとは売買か賃貸かを見極めるだけです。

まず大手と言われるところなら売買仲介をメインに展開しています。

三井のリハウス、住友不動産販売、三菱UFJ不動産販売、三井住友トラスト不動産、東急リバブル、みずほ不動産販売などは売却案件に精通しています。

地元の不動産屋さんでも売却に強い会社は存在しています。こういった会社は地元密着で大手よりも強い情報網を確立していたりしますので信頼できる可能性が高いんです。

そのような業者を探すために街を歩くのも悪くありませんが、なにも収穫がなく無駄に終わる可能性もあります。

そこでネットで売却を希望する不動産屋さんを探してみましょう。

『地名+不動産』で検索してみると沢山出てくるはずです。そこでホームページを見に行き、サイトで公開している物件をチェックしてください。

売買物件が多ければ売買をメインにしている不動産屋さんと思って間違いありません。逆に賃貸が多い場合は賃貸をメインとしている会社です。

購入したときの仲介に相談するのもベスト

売却したい物件を購入した時の仲介会社に相談するのも良いでしょう。営業担当が優秀な人だったらさらにベストです。

購入時にかかわった人ならその不動産についてよく知っているでしょうし、一から不動産を探すよりも何杯も楽になります。

知り合いの仲介がいないようでしたら、一括査定を利用するのも便利です。一括査定とは物件の情報を入力するだけで簡易的に査定をしてくれます。

簡易査定の結果をみて売却物件の販売をお願いする仲介業者を決めることができます。

信頼できる不動産仲介を見つけることで、不動産の売却は9割以上片付いたといえます。

逆に質の低い会社や担当者に付き合ってしまうと、予想以上にあなたに負担がかかってしまいます。

不動産は高額な取引ですからトラブルがあれば損害賠償問題になって経済的にもダメージを受ける可能性が無くはありません。

できるだけ複数の不動産屋さんに相談して、信頼できる会社や営業担当者をみつけて相談するようにしましょう。

最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、そこでの手間が後々効いてきます。

最初だけは手を抜かないように信頼して相談できる会社や担当者を見つけましょう。

 - はじめて不動産売却をする方のためのお役立ち記事まとめ