不動産を査定する会社の営業マンは、なぜ訪問査定をしたがるのか?

   

不動産の一括査定を申し込むと、査定を依頼した不動産会社から電話やメールで折り返しの連絡がきます。

査定額を計算するために物件の情報などを営業が聞いてくるのですが、このときに「訪問査定をさせてほしい」とお願いされることがあります。

断ればしつこくしてくることはありませんが、ほぼ必ず聞かれます。

不動産査定には机上査定と訪問査定の2種類があるんですが、なぜ不動産査定をする会社の営業マンは訪問査定にこだわるのでしょうか?

そのあたりのことを今回は書いていきたいと思います。

物件を見ないと本当の価値が分からない

不動産は物件を見ないと本当の価値を見極めるのが難しいです。

マンションであれば同じ間取りがいくつもあるので、その地域に詳しい査定会社や営業マンであれば、物件をみなくても実売価格に近い査定をすることは可能でしょう。

しかし土地や一軒家ではたとえ隣の家が過去に売りに出ていたとしても、同じ査定額になるとは限りません。

不動産は個別の事情がすごく大きく影響されるので、本当の査定額を出そうと思ったらやっぱり見に行くしかないんですね。

日当たりはどうなのか?

前面道路の広さはどれぐらいなのか?

道路との高低差は?

まわりに価格に影響されるようなものはないか?

騒音や交通量などはどれぐらいなのか?

建物は使えるのか?

植木が越境していないか?

などなど見に行って確認しないと、値段が大きく左右してしまう事柄を多いです。

一括査定を依頼するお客さんには訪問査定をいやがる方も少なくありません。

そんなときでも査定額をしっかりだすために、張り込み刑事のようにそっと物件を見に行く営業マンもいるほどです。

訪問査定を求められる理由の一つは、できるだけ正確に査定額をだしたいため、ということがあげられます。

査定を依頼したお客さんの本気度を知りたい

次の理由は”お客さんの本気度を知りたい”ということ。

不動産査定会社には毎日のように査定依頼がきます。

なかには全く売却の予定がないのに、興味本位で査定を依頼してくる方が少なくないんです。

もちろん査定の依頼を受けた以上、査定額は算出しないといけないわけですが、売却予定のない物件にそうそう時間もかけられません。

そこで不動産査定会社としては”訪問査定”をさせてもらえるかどうか聞いてみるんです。

売却を急いでいるお客さんや、本気で売る気のあるお客さんであらばほぼ訪問査定を受け入れます。

早く査定してもらって、手続をすすめたいはずですからね。

でも、訪問査定をさせてくれないということは、売る気が無いか売却予定がまだ先であると予想できます。

そうなると査定額もあくまで一般的な数字、近隣の物件情報や過去の取引事例をしらべて”ささっと”査定額を計算して提出します。

この数字は実際の物件みて計算したわけではないので、あまり信ぴょう性のない数字になります。

つまり不動産査定会社が訪問査定の可否を聞いてくるのは、売却の本気度を確かめて効率的に仕事を進めるためという一面もあります。

直接会うことでつながりをつくることができる

不動産査定会社が訪問査定を要求してくる3つ目の理由は、査定を依頼したお客さんに会ってつながりを作ることです。

不動産一括査定の場合、一度に何社にも査定を依頼するので不動産査定会社からするとライバルが多い状態になっています。

そこでいち早くお客さんに会って、関係を築いておきたいという狙いがあります。

電話やメールでやり取りするよりも、直接会って話をすることのほうがより強い信頼関係を築くことができます。

政治家のみなさんがよくやる手法ですがよく握手をしてまわってますが、テレビでみているときは嫌な印象をもっていても、直接会って握手をすると多くの人はその人のファンになってしまうものです。

不動産の営業マンも同じで、さすがに握手はしてきませんが、話を直接聞くことで信頼関係を築くことを目的にしていまるんです。

不動産の一括査定は面倒だと考えると損します

以上の目的で不動産査定会社は訪問査定の要求をしてきます。

パッと見た印象だと「一括査定って面倒だな」と思ってしまうかもしれませんが、一括査定をするのとしないのとでは不動産の売却額は大きく違います。

マンション、土地、一軒家、こういった不動産の売買価格は50万、100万単位で違ってくるので必ず一括査定を行うことをおすすめします。

電話やメール対応などで多少面倒な思いをすることになるかもしれませんが、それをもってありあまる恩恵を受けることがありますよ!

 - はじめて不動産売却をする方のためのお役立ち記事まとめ