ハウスメーカー・建売業者・デベロッパー、どんな違いがあるの?不動産売却で知っておきたい不動産会社や建築会社の呼称を解説!

   

家を建築して販売する会社のことを呼ぶ名称がいくつかあります。代表的なものではハウスメーカー・建売業者・デベロッパーといったものがありますが、それぞれの違いはあるのでしょうか?不動産売却時には売却先がこれらの買取業者の可能性もありますので、理解しておくと安心です。

家を建てる不動産会社や建築会社の呼称

注文住宅や建売住宅、マンションを作って販売する業者にはそれぞれ名称があります。

これらの名称には厳密な定義はありませんが、不動産仲介とやりとりする中で所有不動産の売却先の候補としてあがってくる可能性があります。

知っておいて損はありませんので、マメ知識を増やす感覚で読んでいただけるときっと役に立つと思います。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは設計の段階から施工まで、家づくりをサポートする会社です。

実際の施工は大工や工務店が行うのが一般的です。

お客さんの要望があれば、土地探しも含めたサポートをしていますので、土地を売却するときには、ハウスメーカー経由で売却される可能性もあります。

ハウスメーカーは設計・施工が主体の会社なので、自社で不動産を購入するケースは少ないですが、家を建てたいお客さんを多数抱えているので、仲介として入ってくることもあります。

ハウスメーカーの有名会社をいくつかご紹介します。

・積水ハウス
・大和ハウス
・パナホーム
・へーベルハウス
・ミサワホーム
・タマホーム

といった会社が全国規模のハウスメーカーとして有名です。ここまで規模が大きくない会社を含めると、日本全国に数えきれないほどのハウスメーカーが存在しています。

建売業者

建売をメインの事業として展開している会社を”建売業者”といいます。

建売業者は建売用地を探し出し、一度自社で土地を購入し、その土地の上に戸建住宅を建築して販売する会社です。

ハウスメーカーはお客さんからの依頼で家を建てますが、建売業者は自社でデザインしたものを建築して販売します。

ハウスメーカーが建売事業を展開しているケースもありますが、建売専門の会社も多いです。

建売はたとえると”つるし品”のようなものですが、多くの人が受け入れやすい万能性の高い使い勝手と、大量生産によるコストダウンで安価な建築が可能です。

建築費が安くなれば販売価格も安くなるので、注文住宅やハウスメーカーに依頼して家を建築するよりも安い価格でマイホームを手に入れることができます。

不動産を売却する際には、買主が建売業者ということも珍しくありません。

とくに所有不動産を早急に売却したいときには、一般のお客さんよりも迅速に動ける建売業者のほうが重宝されます。

建売業者は再販売が目的のためどうしても買値が下がってしまいますが、急いで売却したいときには頼もしい買取先といえます。

デベロッパー

開発業者のことを総称してデベロッパーといいます。

デベロッパーは大規模な開発事業を得意としていて、都市開発やマンション建設、宅地造成といった事業を専門に行っている会社のことをいいます。

基本的には規模の大きな開発をしている会社をデベロッパーといいますが、建売業者のことをデベロッパーということもあります。

マンション開発に特化した会社をマンションデベロッパーということもあります。

厳密な定義はありませんが、デベロッパーと聞いたら「開発工事をしている会社」と思うと分かりやすいでしょう。

一般のお客さんでは購入が難しい大きな土地や、山林などの造成工事が必要な土地を売却するときには、デベロッパーが売却先の候補となります。

買取業者として知られているその他の会社

今紹介したハウスメーカーや建売業者、デベロッパーは自ら用地を購入して建物を建築して付加価値をつけて販売していきます。

そのため総称して”買取業者”と呼ばれることがあります。

紹介した3つの他にも買取業者と呼ばれる会社があるので、仲介との会話ででてきたときに困らないように合わせてご紹介します。

マンション買取業者

マンションを1棟まるまる、もしくは一部の部屋を購入してリフォームをして再販売をする業者をマンション買取業者といいます。

マンション買取は一室のみの買取においては低資金ではじめられるので、専門業者以外でも買取をしやすいです。

とくに不動産仲介業者は中古マンションの売却を相談されることが多いですから、お得な物件があれば購入して転売を考えます。

不動産仲介がメインの会社のことはマンション買取業者とはいいませんが、事業として両方をやっている会社が多いのが実情です。

リフォーム・リノベーション業者

厳密にいうとリフォームとリノベーションは意味が違いますが、現在の不動産業界ではほとんど同じ意味で使われているので、ここでは同じものとして考えてください。

リフォーム・リノベーション業者は一般のお客さんから依頼がきて、中古住宅や中古マンションをリフォーム・リノベーションすることもあれば、自社で購入してリフォーム・リノベーションして付加価値を上げて再販売するケースもあります。

マンション買取業者もリフォームやリノベーションをして販売するので、やっていることは同じですが、メインの事業がリフォームやリノベーションが主体の会社についてはこのような呼び方になります。

中古の戸建や中古マンションを早急に売却したいというときには、リフォーム・リノベーション業者に買い取ってもらうといいでしょう。

マイホームを急いで売りたいなら買取業者

中古住宅にしろ中古マンションにしろ、マイホームを急いで売りたいなら買取業者への売却がおすすめです。

ただし、買取価格は市場の相場より安くなってしまうので、とくにお金が必要な状況でなければ一般向けに売り出すようにしましょう。

買取業者に売るメリットは現金化が早い

今まで紹介した買取業者に売却する最大のメリットは、値段さえ合えばすぐに売却が可能ということです。

すぐにといっても値段次第では業者も融資を受ける関係上、決済までは1ヶ月ほどかかりますが、買取業者が現金で賄える金額であれば1~2週間で決済、引渡しまでできます。

急にまとまったお金が必要だったり、任意売却のために売却期限が決められてしまっているときは、時間との勝負です。

一般のお客さんからの反応を待ちつつ、並行して買取業者への売却を進めておけば、もし一般のお客さんの買い手がつかなくても安心できます。

買取業者への売却価格は市場価格より安くなる

所有不動産の売却を急いでいるときには買取業者への売却がおすすめですが、デメリットもあります。

買取業者は建物を建築したり、リフォームやりのベンションをしたりして付加価値をつけ、利益を上乗せして再販します。

そのためには市場価格よりいくぶんか安い価格で購入しなければ採算が取れません。

つまり買取業者による買取価格は、市場の相場よりも安くなってしまいます。

早く売却するか、高く売る可能性を探るか?というのは非常に難しい問題ですが、売却理由や資金計画などをよく考えて売却先をどこにするか決めるようにしましょう。

まとめ

ハウスメーカー・建売業者・デベロッパーは厳密な定義はありませんが、事業の形態によって分類されて呼ばれています。

不動産の売却先は一般のお客さんもいれば、このような買取業者が売却先になることもあります。

一般のお客さんに売るメリット・デメリット、買取業者に売却するメリット・デメリット、それぞれを比較しながら最適な売却先をみつけていきましょう。

 - はじめて不動産売却をする方のためのお役立ち記事まとめ