不動産仲介料って高すぎじゃない?仲介手数料に不満を持つ人に知ってほしい不動産屋の仕事内容とは

   

不動産の仲介手数料に不快感を示す人は少なくありません。たしかに安いものではありませんが、仲介手数料を払う事にはそれなりの意義があります。多くの人ができれば払いたくないと考えている仲介手数料とその意味について解説します。

仲介手数料はなぜ高いのか

不動産をトラブルなく売買するためには、不動産仲介への依頼が欠かせません。

不動産仲介は知識やサービスを提供し安全に不動産売買を導く代わりに仲介手数料を得ます。

その費用が仲介手数料と呼ばれるものです。

この仲介手数料けっして安くはありません。

400万円以上の取引であれば不動産価格の3%以内の手数料を受け取ることが可能です。

5,000万円の物件であれば、最大で150万円+税の仲介手数料がかかります。

一回の取引で150万円もの手数料を取られてしまっては納得のいかない人が多いのも無理はありません。

仲介手数料が高いと思えるか安いと思うかというのは人によって違いますが、高い理由を知れば少し納得できるかもしれません。

専門知識の取得に時間がかかる

不動産の取引をスムーズに進め、事前にトラブルになりそうな芽を摘んでいく作業には専門知識の習得がかかせません。

関係する法律も多岐にわたり、民法・登記法・建築基準法・宅建業法といった関係法令のことを横断的に習得している必要があります。

これだけの知識を習得するためには多くの時間が費やされますし、実務経験という貴重な体験もしなければいけません。

不動産売買に関係のな一般的な人が専門知識をイチから取得しようと思えば大変困難な道が待ち受けています。

仲介手数料分の費用をかければ素人でも専門知識の習得は可能かもしれませんが、習得までに数年かかることでしょう。

専門知識を習得するまでの時間的な側面も含めて、そのサービスを仲介手数料という料金を払うことで一流のサービスを受けることができます。

高額な商品を取引している

不動産はそもそもの商品価格が高く、トラブルになってしまったときの損害が大きくなりがちです。

高額なぶん相手も引き下がることなく対峙して、当事者同士で意地の張り合いのような恰好になることもめずらしくありません。

日常品のような価格が比較的やすいものなら「ま、いいいか」で済むかもしれませんが、不動産のような高額商品の場合は「ま、いいか」というわけにはいきません。

つまり不動産売買はそれだけシビアなんです。

懸念される事柄はすべて契約書にもりこみ、曖昧な点を残さない。トラブルになりそうなことは事前に相手に通知する。そういった丁寧な準備が必要になるのが不動産取引なんです。

リスクに見合った料金とも言える

仲介手数料の”額”でいえば大きな金額にみえますが、両立でいえば最大でたったの3%です。

100円で考えれば3円、1万円で300円です。

売買金額が大きいので高く感じてしまいますが、料率で考えればそこまで大きな数字ではありません。

不動産仲介の仕事はうまくいってあたり前なので、トラブルに当たらない限り仲介手数料の効果を実感することはないかもしれません。

しかし普通に物件が売れ、普通に契約が進み、普通に決済され、普通に登記が終わり、普通に取引が終了していく。

これはあたり前のことなんですが、不動産仲介が動かなければ決して普通ではありません。

多くの人は”普通”に取引を終えていくので不動産仲介のありがたみを実感することはありません。

トラブルなく普通に取引を進行し、ありがたみを感じさせないことが良い不動産仲介の証でもありますが、それゆえに不動産仲介手数料への不満が募ってしまうのは残念なことでもあります。

手数料半額や無料サービスも増えてきた

仲介手数料は料率で考えたらそこまで大きなものではありません。

しかし仲介を利用するユーザーの負担感はやはり大きいですよね。

とくに質の悪い営業マンにあたってしまったときの仲介手数料の”無駄”感といったらありませんね。

最近では仲介手数料半額や無料といった会社も登場していますので、もし物件の近くに同じようなサービスをしているところがあるなら相談してみてもいいかもしれません。

ただ個人的には私は仲介手数料の安い業者を信用していません。安いということはどこかで無理をしています。

賞味期限偽装など食品業界ではよく問題になりますが、安いものには必ず裏があります。

安物買いの銭失い、といったことわざもあるぐらいですので、信頼できる不動産仲介に、すっきりと手数料を払い質のいいサービスを受けるほうを私はおすすめします。

不動産の仕事を知れば手数料が払いたくなるかも?

手数料を高いと感じてしまうのは、不動産仲介が取引を無事に完了するためにしている仕事を知らないからかもしれません。

不動産屋というと椅子に踏ん反りかえって右から左に不動産を動かして設けているイメージかもしれませんが、実際はスムーズに取引をすすめるために日夜動き回っています。

そんな不動産仲介の仕事をしれば、ちょっとは仲介手数料を払ってもいいかな?という気分になれるかもしれません。

物件の調査

お客さんから不動産の案件を預かったら、その物件の調査を行います。

売買契約書や重要事項説明書を思い出してみてください。

売買契約書や重要事項説明書には物件に関する情報がたっぷり掲載されていたはずです。

・物件所在地
・都市計画
・用途地域
・地域地区
・建ぺい率、容積率
・その他法令や制限
・敷地と道路の関係
・私道負担など
・ライフラインの整備状況
・災害区域
・迷惑施設の有無
・瑕疵や故障などの状況

他にもまだたくさんありますが、仲介の担当者は役所や関係省庁をまわったり、近隣に聞き込みなどをしつつ、物件のあらゆることを調査します。

そして分かった事実を契約書や重要事項説明書に記載し、物件の状況を明確にしておきます。

物件調査が甘いと後々トラブルを引きお超すことになりますので、すごく重要な仕事といえますし、時間をかけてじっくり行います。

営業・販売活動

不動産の売却において、不動産仲介の大事な仕事の一つは物件の営業・販売活動です。

営業や販売活動のポイントはは2つ。

販売促進と反響対応です。

不動産仲介は預かった不動産の販売を促進するために、ネットや広告へ物件を公開し広くお客さんを集めます。

自社にめぼしいお客さんがいるときには公開する前に”未公開物件”として紹介することもあります。

ネットや広告で物件情報を公開すると、一般のお客さんから反響があるのももちろんですが、他社の不動産仲介からも反響がでてきます。

「うちのお客さんでぴったりの人がいるんですが物件紹介できますか?」

といった具合ですね。

こういった他社からの反響や、一般のお客さんからひっきりなしに連絡がきます。

「まだ売れてないですか?」
「○○円ぐらいになりませんか?」
「何か瑕疵はありますか?」
「日当たりはいいですか?」

といった確認や質問がどんどんきます。

働いている一般の方がこの対応をするのは本当に大変です。人は変わりますが質問内容は似たり寄ったりなのでうんざりしてしまうのは間違いありません。

小さい事かもしれませんが、こういった対応も不動産仲介が毎日肩代わりをしてくれているんです。

契約書・資料作成

買主が決まり条件が折えば契約に進みます。

不動産は一つとして同じものはありませんので、契約書も契約のたびに1回1回新しいものを作成します。

テンプレートとなるものはありますが、物件の状態などは全く違うので後々トラブルやクレームにならないように作り上げていきます。

契約書は法律に違反するような形でつくることはできません。万が一契約書に法律違反になるようなことを定めてしまえば、契約が無効になったり効果が取り消されたりしてしまいます。

不動産売買の専門家として取引を仲介するものは、横断的に関係する法律を熟知し、問題のない契約書をつくりあげていきます。

これもまた素人が一朝一夕でできるものではありません。専門知識を有する宅建士によってつくられていきます。

手数料を払うことで得られること

不動産仲介手数料を払うということは、不動産仲介が蓄積した知識や、不動産売却のノウハウを活用できるということです。

具体的な内容はいままで書いてきたとおりですが、では実際にどんなメリットがあるのか3つの大きなポイントを紹介します。

時間

不動産の売却から引き渡しまでを自分の力だけで行おうとすれば、とんでもなく時間をとられてしまいます。

もし売却から引き渡しまでを自分でやろうと思ったら、毎週末の休みは潰れ、日中は物件の確認電話の嵐。しつこい値段交渉などもあり、物理的にも精神的にも非常に負担が大きくなるでしょう。

相手はこちらが仕事だろうが、休日だろうが関係ありませんからほとんどの時間を奪われるという時期が3か月から半年以上続きます。

限られた時間を有効に使いつつ、不動産を効率よく売却するのであれば不動産仲介への依頼というのは必要不可欠なんです。

安心・安全

信頼できる不動産仲介は自分たちのお客さんを必死に守ろうとします。

トラブルが起こったときに必死に守るのもそうですが、そもそもトラブルを引き起こさないように、問題の芽になりそうなことがあれば先回りして潰していきます。

どこかに隠れた瑕疵はないか?近隣に迷惑施設がないか?地域のごみ集積場はしっかり定められているのか?といったように、法律問題だけじゃなく日常に潜むトラブルの素を目を凝らして探します。

営業マンの質によって大きく左右されてしまいますが、信頼できる営業マンを見つけることができれば高額な取引も安心して進めていくことができます。

高額売却

不動産仲介や営業マンによって売却額が変わるの?と疑問に思うかもしれませんが、経験豊富で有能な担当者は不動産を高くうるすべを知っています。

一番最初に市場にだすときの売り出し価格の設定、お客さんへ紹介するタイミング、やむを得ず値段を下げるときのタイミングなど非常に良く知っています。

すべての営業担当がここまで質の高い人間とは限りませんが、すくなくともこういった営業マンがたくさんいる不動産仲介会社なら損をしてしまう可能性を低くすることができます。

信頼できる営業マンに依頼すれば必ず高額で売却できるわけではありませんが、仲介手数料を払っても十分なサービスや安全・安心を受けられることは間違いありません。

それでも手数料を払いたくないなら

それでも手数料を払いたくない!という考えを持つ方もいらっしゃるとは思います。

不動産の手数料はそれだけ高く感じてしまうのはしかたありません。

仲介手数料をもらってあたりまえ、と考えてそのメリットや不動産業界の透明化に尽力してこなかった業界全体の問題ともいえます。

いまでは仲介手数料半額や無料といったものもありますので、そういったサービスを展開している仲介会社を利用するのもいいでしょう。

また仲介手数料を”まけて”くれるかお願いしてみるのもいいでしょう。

自信を持って不動産仲介をしている会社ではなかなか手数料をまけてくれないかもしれませんが、ないよりはマシと考えて受け入れてくれることもあります。

ただ繰り返しになってしまいますが安くするには何かを削る必要があります。

不動産仲介は在庫商売ではありませんので、削るのはサービスということになります。

不動産の調査がずさんになったり、値段交渉で粘ってもらえなかったり。

もちろんそのようなあからさまなことをするのはごくわずかな可能性でしかありませんが、安くするということはどこかを削るという理解はしておいたほうが安心です。

リスクが高く素人におすすめはできない

仲介手数料が高いからといって、不動産の取引に精通していない素人が仲介を通さずに売買することは非常にリスクが高いと考えます。

人生の経験として一度やってみたい!

と考えているのであれば止めるようなことはしませんが、スムーズに安心して売却を実現したいのであらば不動産仲介への依頼をおすすめします。

不動産の問題は一度問題になるととてもやっかいです。

裁判で決着といっても結果がでるまでには何年も時間を要することだってあります。

不動産の問題は100%防ぐことはできませんが、仲介に依頼することで可能性を大きく下げてることは可能です。そしてほとんどのケースではトラブルなく売買契約を終了していきます。

自分の時間を有効に使い、いい思い出としての不動産売却を実現するためには仲介手数料を払い、不動産仲介に依頼することをおすすめします。

まとめ

仲介手数料が高いのはそれなりの理由があるからです。

見た目の金額で考えると、どうしても高く感じてしまいがちですが利率でいえば3%ほどですし、受けられるサービスを考えたらけして高くはありません。

トラブルがなく取引を終える人がほとんどなので、手数料を払い仲介を依頼したメリットを感じるのはむずかしいかもしれませんが、無事取引が終わっていることが仲介を依頼したメリットそのものです。

ケチをして不動産トラブルに巻き込まれるよりも、仲介手数料を払うことで質の高いサービスを受け、不動産の売買を問題なく終了させることのほうがより重要であると考えられるでしょう。

 - 不動産売却の費用