空き家の管理が大変…。誰でも安心して満足価格で売却する方法

   

空き家をどうするのか、困っている方が増えています。そのまま放置しておくのも周辺住民の方に迷惑がかかります。今回は売却を含めた空き家の処分方法についてまとめてみました。空き家で悩んでいるかたのお役に立てる内容となっています。

空き家の具体的な処分方法

空き家を放置しておくのはそれだけでリスクがあり、あまりおすすめできません。

そこで空き家を所有している方がどういった方法で、空き家を処分・利用しているのかをご紹介します。

空き家を売却

空き家を処分しようと考えた所有者のほとんどが売却を選択します。

売却のメリットはなんといっても現金が得られることですね。まとまったお金が入るというのは空き家を売る大きなポイントになります。

もう一つのメリットは管理する必要がなくなることです。

空き家の管理は思った以上に大変です。建物は人が常に手をかけてあげないと予想以上のスピードで劣化していきます。

自分の家に加えて、空き家を管理するのは大変な手間がかかりますし、空き家が自宅から遠ければ通うのも大変です。

空き家を売却する方の理由としてはお金もそうですが、管理のわずらわしさや責任がなくなることを上げています。

借家として賃貸にする

建物が比較的新しく借家にできるのであれば、賃貸にするという方法もあります。

賃貸なら定期的な家賃収入が見込めますし、自分の試算として残しておくことも可能です。

ただしデメリットもあります。

賃貸には維持管理する手間がでてきてしまいますし、修繕費用などの定期的な出費もあります。

不動産管理会社に丸投げすることもできますが、さらに管理費用がかかってきます。

また借主がいなければ、とうぜん家賃収入もありません。家賃収入がない間でも空き家の管理はしないといけないので、管理の手間はかかってしまいます。

個人で空き家を所有している方は、やはり売却を選択して綺麗さっぱりを選択する方が多いのが現状です。

新たに収益物件を建てる

空き家の老朽化が進み、建物が使えないときには解体して収益物件を新に立てるという方法もあります。

ただし収益物件を建てるためには、建築のための資金が必要ですから借金をする必要もでてきます。

立地が良く入居者に困らないような地域ならマンションやアパートを建てるのもいいですが、駅から遠く車も入れないような場所では収益物件化はリスクが大きすぎるでしょう。

負担とリスクが少ないのは売却

空き家の処分方法について書きましたが、やはりリスクが少なく負担を減らせることができるのは売却することです。

空き家の処分をどうしようか考え始めた方が、最終的に売却を選択するのはそのためです。

今読んでいただいている方の不動産がどのような立地で、建物がどんな状態かは私からはわかりませんが、負担を減らし現金を得ることのできる”売却”は空き家処分の一番の選択肢となるはずです。

空き家を高く売る方法

空き家で今後も使い道がないとはいえ、立派な不動産を必要以上にあ安く売る必要はありません。

しっかり手順をふんで、できる限り高く売ることができるようにしておきましょう。

複数の不動産仲介で査定する

現在お持ちの空き家を査定するときは、必ず複数の不動産仲介で査定をするようにしてください。

不動産査定は、

現在の市場でだいたい○○○○万円ぐらいで売れますよ!

という価格を不動産会社が教えてくれます。

あくまで”予想”なので実際に査定額で売却できるとは限りませんが、安い査定額をしてくる仲介はそもそも売る気がないので、高く売却する自信がある会社を選びましょう。

ただし高ければいいというわけでもありません。その理由は少し長くなるので下のリンク先の記事を参考にしてもらいたいのですが、とにかく他の会社に比べて飛び抜けて高い査定額には注意しましょう。

※参考記事

不動産一括査定の問題点!高すぎる査定額に要注意な理由とは?

地元の不動産仲介に相談する

空き家の査定依頼は空き家の所在地に近い不動産仲介に依頼するようにしましょう。

周辺地域の新鮮な相場情報を知っているのは地元の不動産屋です。

最近ではデータベースやAIを使った相場診断も始まっていますが、いまこの瞬間にやり取りしている生きた価格情報を知っているのは地元で多く取引をしている不動産屋しかありません。

空き家が遠いところにあると、自分が住んでいる近くの不動産仲介に相談してしまいがちですが、その不動産仲介は結局、空き家の所在地の近くの不動産仲介に連絡して相場を調べたりしているんです。

今は一括査定サイトといった便利なサイトがあるので、うまく活用して高額売却を実現しましょう。

売買を専門としている仲介に相談する

ひとくちに不動産屋といっても賃貸仲介をメインしている不動産屋もあれば、アパートやマンションの管理業を中心にしている不動産屋もあります。

空き家を売却するのであれば、不動産売買の仲介を専門にしている不動産仲介に依頼するのがおすすめです。

売買の経験が豊富であれば、高く売却することができるのももちろんですが、トラブルなくスムーズに売ることができるというメリットもあります。

どうやって見分けるの?という疑問があるかもしれませんが、それも先ほど少しだけ説明した一括査定サイトを使うといいでしょう。

一括査定サイトは売買に強い仲介会社と業務提携をしているので、自分で探す手間が省けます。しかも一括査定サイトで提携会社を審査しているので怪しい業者との接触を防げるというメリットもあります。

知り合いの不動産業者に相談するのもいいですが、どちらにしても一度は一括査定をして査定額の違いを見ておくといいと思います。

経験豊富な営業マンを探す

不動産取引は経験がものを言う世界です。

宅建士の資格を持っていることも重要ですが、あとはどれだけ売買の経験をしているか?ということが重要です。

取引の数をたくさん経験している営業マンは、いろいろなケースの売買に立ち会っているはずです。

いいこともあれば、裁判沙汰になりそうな経験だってします。そういった経験がある営業マンと、宅建士の資格を取りたての新人営業マンでは力量に差がでてくのは仕方ありません。

空き家といえ大切な財産のひとつです。できるだけ高く、そしてトラブルなく契約を終了させるためにも経験豊富な営業マンとの出会いは欠かせません。

空き家を放置しておくリスク

空き家をそのまま放置するのはあまりいいことではありません。

無人の家は犯罪に使われることもありますし、近隣への迷惑行為として管理義務者である所有者が責任を追及されることもあります。

具体的にどんなことが問題なのかピックアップしてまとめてみました。

火事・放火

空き家で多いのは火事被害です。

自分の家が燃えるだけならまだいいですが、隣接する方の住宅に火が燃え移ったら大変な事態になります。

所有する空き家の火事が原因で隣の家に火が燃え移った場合、重過失として所有者の管理責任が問われる可能性があるので、十分注意しないといけません。

空き家向けの火災保険をかけておけば対処できますが、住んでいない家で将来的にも使用予定がない建物に火災保険を掛けるのもバカげています。

税金の負担

空き家の廃墟化が社会問題化するようになり、国は平成26年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」を発表しました。

この法律により”特定空家”に指定されると固定資産税などの特例を受けることができなくなり、大幅な税額アップが課さられることになりました。

特定空家の指定は市町村が行いますが、突然指定されるわけではなく、視察や指導があってから指定されます。

特定空家に指定されていないとしても税金はかかりますし、無駄な出費を抑えるためにも何らかの処分を考えるべきでしょう。

近隣からのクレーム

空家を放置しておけば、建物はどんどん荒廃し、庭は荒れ放題といった廃墟化が進んでしまいます。

荒れ果てた廃墟には根も葉もないウワサが起ちやすく、主変地域の価値を下げる原因にもなりかねません。

心霊スポットとして勝手に取り上げられ、見ず知らずの人が心霊ツアーに来て困っているという住人の方もいます。

隣に人が住んでいれば、樹木の枝や実が敷地をまたいでくることもありますし、近隣住民にとってはいい迷惑になってしまいます。

遠くに住んでいると気づかないかもしれませんが、周辺に住んでいる方のことも考えれば、いち早い対処をするのが思いやりになるでしょう。

まとめ

空き家を放置しておくのは近隣住民に迷惑をかけるだけでなく、万が一火災などが発生したときに責任を追及される可能性があります。

空き家の処分で悩んでいるかたの多くは、金銭的な負担や管理の手間暇を考えて売却を選択しますが、収益物件として利用する方もいますので空き家周辺にある不動産業者によく相談してみましょう。

 - 戸建売却