中古の注文住宅は高く売れない!?愛着のあるマイホームを高く売る方法

   

自分のライフスタイルや趣味・嗜好にあわせた家づくりが可能となる注文住宅。戸建を夢見る方なら一度は憧れる夢のマイホームですよね。ただし注文住宅は自分たちで住むには最高の居住空間となりますが、こと売却するとなると値付けが悪くなってしまうケースが少なくありません。そんな愛着ある注文住宅をできるだけ高く売るための方法をご紹介していきます。

中古の注文住宅は値付けが厳しめ

中古の注文住宅は売り出し価格が厳しめになる傾向があります。

通常注文住宅では部材や設備に良いものを使っているのでその分の価値を含め値段がアップしやすくもありますが、反面クセのある注文住宅は住む人を選んでしまうため客層の間口が狭くなってしまい、値段が抑えられがちになってしまうんです。

個人の趣味趣向に合わせて作ったものは使いづらい

注文住宅は自分たちだけのライフスタイルにあわせて建築するため、建売住宅などにくらべて住みやすく使い勝手のいい建物ができあがります。

しかし住みやすかったり使い勝手がよかったりするのは、注文住宅を建築した本人や家族にかぎります。

作った人からしてみればアピールポイントでも、全く趣味嗜好の違う人には敬遠されるポイントになってしまうんです。

その点建売住宅の場合はなんの変哲もない画一化された間取りですが、反面大奥の人が無難に使いやすい間取りとなっているため、売却時に値段の上下が起こりにくいという性質があります。

奇抜なデザインでなければお客さんもつきやすい

注文住宅だからといってすべての家が安く売られてしまうわけではありません。

万人受けが難しい独特のデザインだったり、使い勝手を無視してデザイン重視で作ったものでなければ適切な値段で売却することも可能です。

またデザイナーの名前でお客さんがつくこともあります。超有名デザイナーとまでいかなくても、建築業界で名の知れたデザイナーがつくった注文住宅であれば、それだけで高く売ることもできるでしょう。

あなたがお住まいになっている注文住宅がどのような状況なのかわかりませんが、注文住宅の売却は素人や素人に毛が生えた程度の経験や知識でできるものではありません。

できるだけ高く売るためにも信頼できる専門家への相談は忘れないようにしましょう。

売却における注文住宅のメリット・デメリット

すでに少し説明していますが、あらためてマイホーム売却における注文住宅のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

注文住宅を売却するときのメリット

注文住宅にはいくつかのセールスポイントとなり得ることがあります。

・有名デザイナーが設計している
・設備が豊富
・デザイン性が高い
・量産品にはない贅沢を味わえる
・部材や素材が贅沢に使われている

これらのセールスポイントは注文住宅ならではですので、販売開始時にはどんどんアピールしていきましょう。

不動産バブルの時に作られた注文住宅は多少デザインが古臭かったりするものもありますが、仕様されている素材はとても贅沢な建築が多いです。

私も実際に不動産バブル期に作られた注文住宅をいくつか見たことがありますが、建売住宅とは比にならない贅沢で丈夫な設計・施工だったのを覚えています。

注文住宅を売却するときのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

こだわりを持って自分や家族にフィットするように作られた家は、本人に最適な暮らしをもたらしてくれますが、他人からしてみれば使い勝手の悪い家になってしまうことは珍しくありません。

アウトドアの趣味がある方がガレージを広く取りこだわりを持って作った家は、アウトドアに全く興味がない人にとっては無用の長物になってしまうでしょう。

まあガレージぐらいであれば他にも使い道があるので問題ないでしょうが、こだわりが強い注文住宅であればあるほど、そのこだわりポイントが不利に働いて売却価格を抑えてしまうマイナスポイントになってしまいます。

中古の注文住宅を高く売る方法

中古の注文住宅だって高く売ることは可能です。

注文住宅のつくりは基本的にしっかりしているはずですので、売り方を間違えなければ高額売却も夢じゃありません。

こだわって作ったぶんの価格を上乗せして、近隣の建売住宅よりも高く売却できるようにがんばってみましょう。

複数の仲介業者へ査定を依頼する

不動産を売却するときは複数の仲介業者に査定を依頼するのが基本中の基本です。

注文住宅の売却にかぎらず、不動産全般を売却するときには複数査定をするのが常識といっても過言ではありません。

複数査定だどうして重要なのかといった理由については下記の記事で書いているので興味があれば読んでいただきたいと思いますが、とにかく一社だけの査定に満足して売却を進めていくのは危険です。

とくに個性的な造りが多い注文住宅では、査定する会社によって価格の変動幅が大きくなりがちです。

高く売るためには仲介業者に物件を気に入ってもらうのが一番ですが、査定をすることによって仲介がどれだけ物件を気に入っているかの判断をすることができます。

不動産売却のセオリーではありますが、注文住宅を売却するときには必ず複数査定をしておきましょう。

部屋の使い方を知ってもらう

良い意味ではこだわりのある部屋、悪く言えば個性的すぎる部屋はその使い道を示してあげるとお客さんはイメージしやすくなります。

マンションのモデルルームに行くと家具が配置されていて、視覚的にイメージしやすい演出がされています。

新築マンションでは建物が完成する前に販売していくため、完成後のイメージをできるだけ実際のものに近づける必要があります。

そうすることで完成前に売却し、完成したころにはほとんど部屋が残っていないという状況にしていきます。

注文住宅を売却する場合でもこの方法が使えます。

個性的なつくりの間取りの場合、視覚的にイメージしてもらうのが一番ですから家具などを配置したままにして内覧してもらうのが一番です。

どうしても装飾品や家具などを片づける必要がある場合には、写真で残しておくようにしましょう。

写真があるだけでもお客さんはイメージしやすくなりますし、売却のためのプラス資料として活用できます。

こだわり部分について仲介にアピールする

こだわって作った部分については、事細かに仲介業者に説明しておきましょう。

売却に有利な情報になるかどうというのは、自分で判断しないほうが賢明です。

自分としてはセールスポイントだと思っていることが、かえって不要な情報になってしまうこともあれば、自分としては全く売りにならないと思っていたポイントが、最高のセールスポイントになることもあります。

アピールポイントについては自分で判断するのではなく、販売のプロである仲介業者に決めてもらうのが一番です。

そのためには自分が知る限りのこだわりポイントを仲介業者に説明しておき、採用する情報は仲介で決めてもらうようにしましょう。

自分で判断してしまうとせっかくの有益な情報を活用できなくなってしまいます。

些細なことから大きなことまで、気になることは全部仲介に伝えるぐらいの気持ちで取り組みましょう。

建物を気に入ってくれた仲介に依頼する

一括査定で査定を依頼すると、査定額の値段だけが気になってしまいがちです。

査定額が高いのは条件のひとつとして重要ですが、もっとも大切なのは仲介が売却予定の建物を気に入っているかどうかです。

注文住宅の売却は建物が命です。

建売の場合は間取りに変化がなく、検討するお客さんも生活イメージがしやすいです。

しかし注文住宅の場合はそうではいけません。

購入後にどれだけ素晴らしい生活が待っているか、ということをはっきり印象付ける必要があります。

内覧や写真を使って良いイメージを持ってもらうのも大切ですが、もっとも大事なのはお客さんの窓口となる仲介業者がどれだけ建物について熱く語れるかということです。

仲介が熱く語れないと、お客さんに物件の良さを伝えることはできません。

一括査定で査定が出そろったら訪問査定を依頼することになりますが、最終的な決め手としては「どれだけ建物を気に入っているか?」という基準を重視して仲介を選ぶようにしてください。

どれだけ高い査定でも仲介が気に入ってくれなければ絶対に満足価格で売ることはできません。

仲介の反応をしっかりみて、後悔のない売却を実現してくださいね。

まとめ

個人的なライフスタイルや趣味・嗜好が強く反映されている中古の注文住宅は、ひとつ間違えると売却額が低く抑えられてしまう可能性があります。

こだわって作った家を高く、適正な価格で売却するためには購入後の生活をお客さんにしっかりイメージしてもらう必要があります。

写真を上手く使い、内覧に積極的に応じてイメージを作りやすい環境を整えてあげましょう。

お客さんの窓口となる仲介選びも重要です。査定額が良く、建物を気に入ってくれた仲介業者に売却を依頼するようにしましょう。

 - 戸建売却