中古マンションの販売価格を下げるタイミングは?

グラフと矢印を持つ会社員

      2016/05/26

値下げのタイミングはいつ?

売却中のマンションがなかなか売れてくれないと気が気じゃなくなってしまいますよね。

査定の段階では「絶対この値段なら売れます!」といっていた営業担当者が、数カ月後には「反響も少ないですし値下げをしてみませんか?」と提案してきたりします。

「言ってることが違うじゃん…」と感じても、「売れてくれないと困るしなぁ…」としぶしぶ値下げに応じる人も少なくありません。

マンションが売れないときの値下げは重要です。売れないということは相場にあっていないということになります。

不動産業界では『売れた値段が相場』と言われます。売れないということは高いということなんです。

ただし、それは物件の情報がしっかり知れ渡っていることが条件です。しっかり宣伝広告が行われ、反響もそれなりにあり、内覧が来ている。

それでも申し込みが入らなかったり、契約にならなかったりするときにはじめて値下げを考えるべきです。

反響が無いとき

問い合わせなどの反響数は値下げを考える重要な判断材料です。

反響がしばらく無いような状態であれば値下げの判断もやむを得ないでしょう。

ただし、本当に金額が高いから反響が無いのか?といったことは確認する必要があります。

営業担当の値下げの常套句として使われているのが『しばらく反響もないですし、値下げを検討してみませんか?』です。

媒介契約を自社でとるためにわざと査定額を高めにして専任媒介をとります。

その後、先ほどの常套句をつかって適正価格まで値下げさせる悪質な方法をとることがあるんです。

さすがにこのご時世にこのようなことをする会社は減っていますが、それでもなぜ反響が無いのかの確認をすることは大切です。

反響がないのは高いからではなく、宣伝広告が行き届いていないことが考えられます。

レインズにしっかり登録されているか?詳細も記載されているか?図面や写真も載せてあるか?チラシなどは行われているか?などを確認してみましょう。

また、販売を開始してから1か月、2か月ぐらいは反響がなくてもあまり気にしないほうが良いでしょう。

短い期間では物件の情報が周知されていない可能性があるので心配はいりません。

内覧があるのに申込がないとき

内覧があるのに申込にならないときは値下げを考えてもいいでしょう。しかし、この場合でもなぜ申込に至らないのかの確認は必ず行うようにしましょう。

内覧に来てくれたということは少なくとも今現在の販売価格で物件が気になったということです。

しかし、内覧してみたらイメージと違い、価格と物件のバランスがあっていないと感じて申し込まなかったと考えられます。

つまり内覧にきたお客さんは「金額自体には納得できるけど、この部屋じゃ金額に見合ってない」と考えて申しこまなかったと考えられる訳です。

そのときに売主であるこちら側ができることは、部屋の整理や掃除や余計な荷物の片づけです。不動産はイメージがとても大事です。

新築マンションが数千万円もかかる豪華なショールームを作るのはイメージを作り上げるためです。

個人ではそこまでできませんが、綺麗にして部屋を明るく、広くみせることができれば今現在の価格でも販売できるかもしれません。

それでも契約に至らないようなであれば、販売価格の見直しを行いましょう。

半年後

不動産の適正価格は3か月で売れた値段と言われています。

新築マンションなどは例外ですが、常の中古マンションの場合、販売開始から1か月で売れてしまったら販売価格が安すぎたと考えるべきです。

逆に適正に販売活動をしているにも関わらず、半年近くたっても売れないような物件は価格が高いと考えて間違いありません。

販売開始から4~6ヵ月たっても売却できないようであれば、仲介業者と値下げの相談をしてみましょう。

まとめ

マンションが売れないときは値下げをすることでスムーズに売却することができます。

しかし営業担当者が売りやすくしたいために、ろくな営業活動をしていないにも関わらず値下げの打診をしてくることがあるので気を付けましょう。

値下げはできることをすべてやり、それでも反響や問い合わせがこないときにはじめて値下げするようにしましょう。

 - マンション売却