マンションを売却したときの申告とは?

ミニチュアハウスとお金のクレイアート

      2016/05/26

マンションを売却した場合には確定申告が必要になります。売却したことを『譲渡』といいます。譲渡して利益がでれば『譲渡所得』、損失がでたら『譲渡損失』といいます。

不動産の譲渡所得は給与などの所得とは分離して申告しないといけないため、必ず確定申告を行う必要があります。

譲渡損失になってしまった場合は、課税の対象にならないこともあるので申告をする必要がないと考えるかもしれません。

しかし、住宅ローンの残債が影響して損失がでたようなケースでは、不動産以外の所得と通算することができます。

個人事業主の方などは毎年行うのでなじみがありますが、公務員や会社員の方にはあまり意識していない人がほとんどでしょう。

譲渡所得がでた場合には必ず申告が必要ですし、損失がでても申告することによるメリットがあります。必ず申告するようにしましょう。

そもそも確定申告ってなに?

確定申告とは

その年の1月1日から12月31日までの間の収入や支出を計算して税務署に申告することです。

公務員や会社員の方の場合、組織や会社が代わりに徴収して払っているため確定申告をする必要あありません。

個人事業主の方は代わりに徴収してくれる人がいないので、毎年きちんと新申告することになります。

確定申告によってきまった収入に応じて所得税が決定されます。また、確定申告の内容は市町村にもおくられ、住民税額を決める際の基準ともなります。

確定申告をしないとどうなるの?

確定申告は税金を払うために行わなければいけない日本国民の義務です。その義務を守らなかった場合には重いペナルティが課せられます。

無申告が発覚した場合には無申告加算税や、延滞税といった思いペナルティが課せられます。

またわざと確定申告せずに税金を免れようとした場合は立派な脱税行為になります。刑事罰の対象となります。必要のある人は必ず確定申告を行いましょう。

譲渡所得による確定申告

譲渡所得があった場合には必ず確定申告を行う必要があります。

譲渡所得の計算方法はマンションを売ってでた損益は所得控除できる?でも書いていますので参照してみてください。

マイホームのマンションを売却したときには税金の控除や軽減税率が充実しているので、先ほどの記事をチェックしてみてください。

特に3,000万円控除は非常に利用頻度が高くお得な控除になっています。マイホームを売却した際にはとてもとてもありがたい控除内容になっています。

譲渡損失による確定申告

譲渡損失が起こった場合には税金がかかってくることがないので、確定申告を行う必要はありません。

しかし、一定の条件を満たすと給与所得など不動産以外の所得と通算できるため税負担を軽くすることができます。

マンションを売却して損失がでてしまった場合でも、税負担を軽くするために確定申告をして減税措置をうけておきましょう。

マンションを売ってでた損益は所得控除できる?ではマンションを売った時のさまざまな特例を紹介しています。

まとめ

確定申告とは1月1日から12月31日までの所得を計算して、翌年の3月15日までに申告することです。申告内容をもとに所得税額が算出されます。

会社員や公務員の方など普段確定申告をしていない方でも、マンションを売却して譲渡所得が発生した場合には確定申告を行う必要があります。

マンションを売却して譲渡損失が出たばあいは申告の義務はありません。

ただし住宅ローンが残っているマイホームを売却して損失がでた場合は、給与所得など他の所得と通算する特例があります。

通算することによって所得税を大きく減らせる可能性があるので、このようなケースの場合には確実に利用するようにしましょう。

 - マンション売却