不動産の一括査定ならこの2つで決まり!最強の組み合わせで高額売却を目指しましょう。査定乱発は不動産の価値を下げてしまう可能性も。

      2018/11/24

マイホームを高く売るための必須ツールとなっている不動産一括査定サイト。査定サイト各社は独自に不動産仲介会社と提携していますので、査定サイトをうまく組み合わせて効率よく査定をする必要があります。今回は私が考える最強の組み合わせをご紹介します。

不動産の価値を損なわず上手に査定をする方法

『不動産を高く売るためには複数の査定を申し込んだ方がいい』というのは常識ですよね。

このこと自体は間違ってはいないのですが、だからといって5サイトも6サイトも申し込む必要はないですし、反対に査定を依頼するサイトが多すぎても弊害があることは知っておいたほうがいいでしょう。

しかし現実にはいくつもの一括査定サイトに査定を申し込んでしまい、せっかくの不動産売却情報を粗末に扱ってしまっている人が多いのは残念でなりません。

不動産取引で失敗してしまった人のイラスト

不動産を高く売るためには”不動産を売却したい”という情報を大切にしていくことが重要です。

人は多くの人が知っている情報に価値を感じません。希少な情報に価値を感じますから、せっかくの情報をバラまいてしまうのは得策ではないんです。

急いで不動産を売りたいというケースなら話は別ですが、時間にある程度余裕があるならば査定サイトをしぼって必要最小限で最大の効果を得られるようにしていくようにしましょう。

効率よく査定するためにおすすめの2つの査定サイト

実際に効率よく不動産を査定するためには2つの査定サイトの活用をおすすめします。

理由は後述するとして、実際にどのサイトで査定をするべきなのか?というところで言えばこの2つです。

すまいバリュー
HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)

この2つだけで十分です。

あまりおすすめできない査定サイトの使い方

さらにいえば、同時に2つのサイトに依頼しないようにします。

同時に依頼すると情報が大きく広まってしまいます。

できるだけ情報の拡散を防ぐために、まずはどちらかひとつだけ使って査定をしましょう。

ひとつの査定サイトで査定額を確認する。

査定額に納得できなければもう一つのサイトに申し込む。

この流れで所有不動産の査定をしていくのがベストです。

査定する仲介会社を分散させるのがポイント

『すまいバリュー』と『HOME 4 U 』の特徴

2つの一括査定サイトの特徴です。

すまいバリュー

全国規模の不動産仲介大手6社が提携して運営している一括査定サイト。

提携6社

東急リバブル・三菱地所ハウスネット・野村の仲介PLUS・住友不動産販売・三井のリハウス・小田急不動産

2320

HOME4U

NTTデータソーシングが運営しているサイトです。

提携会社は全国で900社以上。

代表的な提携会社は以下のとおりです。

野村の仲介PLUS・みずほ不動産販売・大成有楽不動産販売・三井住友トラスト不動産・三菱UFJ不動産販売・東京建物不動産販売・住友林業ホームサービス・イエステーション・ハウスドゥー・京王不動産・阪急不動産・他

なぜ『すまいバリュー』と『HOME 4 U』の組み合わせが最強なのか?

この2つの組み合わせが最強な理由

提携している不動産会社が異なること
営業担当者から信用されていること
情報がしっかり保護されること

提携している不動産会社が異なること

すまいバリューとHOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)では提携している不動産仲介会社が異なります。

不動産一括査定サイトは査定の申し込みを受けると、提携している不動産会社に情報を渡します。

情報を受け取った査定会社が査定額をだして、依頼者にメールや電話などで価格を提示する仕組みになっています。

査定をするのは提携している不動産仲介会社や不動産買取会社な訳ですが、ほとんどの一括査定サイトではほぼ同じような会社と提携しているので、査定会社をうまく選ばないと同じ不動産会社が査定をすることになります。

5つの一括査定サイトに申し込んで、1サイト5社づつ査定を受けたとします。

5サイト×5社になるはずなので、25社から査定を受けれると考えるのが普通ですよね。

でも実際は提携会社がかぶっていて、全部合わせても5社からしか査定されていなかった、ということが多々あります。

これでは複数の査定サイトを使った意味がありませんよね。

すまいバリューとHOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)なら提携会社がほぼ重ならないため、提携会社の重複を心配する必要がないんです。

一部被っている会社はあるものの、すまりバリューは大手6社のみですし、HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)は大手6社を含まない大中小の不動産会社との提携があります。

この2つの組み合わなら査定会社が重複することもなく安心して依頼することが可能です。

営業マンからの信頼が高い

不動産の営業担当は多忙です。

不動産の案内、物件の紹介、ノルマとの闘い、日々心と体をすり減らして業務に明け暮れています。

売却案件の見積もりも彼らの大事な仕事のひとつですが、ネットからの査定依頼は実際に売却する意思がないお客さんからの興味本位的な査定も少なくありません。

実際に売却の可能性が低いお客さんを業界では『質が悪い』お客さんと言います。

毎日忙しいのに実際の仕事に結びつく可能性が低い『質の悪い』お客さんばかり送ってくる一括査定サイトだったら、営業マンの査定もいい加減になってしまうと思いませんか?

『すまいバリュー』と『HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)』は不動産業界でも比較的お客さんの質が高いと評判で、実際に私の知り合いの営業マンもこの2つのサイトからの査定依頼には力が入ると聞きました。

不動産を高く売るためには営業マンの本気度に左右されることも少なくありません。私がこの2つのサイトをおすすめしているのはこういった理由もあります。

情報の管理が徹底している

不動産の売却情報はとてもプライベートな情報です。

ネガティブな理由で不動産を売却しなければいけないケースでは周囲に絶対に知られたくないということもあるでしょう。

また査定を行うためには一定の個人情報も入力することになります。不動産売却情報や個人情報は徹底的に保護されなければいけません。

万が一にも情報が漏れ出るようなことがあってはいけません。

すまいバリューは日本の不動産最大手クラス6社が作った一括査定サイトです。セキュリティの意識も高いですし、それなりのコストを払って情報保護に取り組んでいます。

またHOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)はNTTグループの企業が運営している一括査定サイトです。NTTといえばご存知の通り日本を代表する通信会社ですので当然のごとくセキュリティにも万全を尽くしているのはいうまでもありません。

同じ会社が査定をしても査定額が大きく変わることはありません。だからそもそも査定サイトの無暗な利用にはあまり意味がないんです。

しかも査定サイトを多く利用すればするほど、せっかくの不動産売却情報は垂れ流しになっていきます。情報の希少性が失われ誰もが知る一般的な情報になっていってしまう危険も高くなります。

私がおすすめする一括査定サイトの組み合わせはコレ!

記事の冒頭でも書いていますが、個人的な私がおすすめする一括査定サイトの組み合わせは、

すまいバリュー
HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)

の2つです。

すでに書いていますが情報を一気に拡散させないためにも、まずは『すまいバリュー』か『HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)』のどちから一つで査定を申し込みましょう。

どちらからでも問題ありませんが、あえて言えば『すまいバリュー』からのほうがいいかもしれません。

三井のリハウスや住友不動産販売といった大手の査定額がわかれば、ほぼ物件の価値がわかりますし情報拡散も最小限にとどめることができます。

すまいバリューが提携している不動産会社は、毎年ものすごい寮の不動産売買数を誇っていますから査定の信用度は相当高いです。

もしそれでも満足いかないようなら、HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)に査定を申し込んでみてはいかがでしょうか。

もちろんどちらから申し込んでもなんの問題もありませんので、とにかくどちらか一つを選ぶようにすると査定や今後の売却で嫌な思いをすることも少なくるはずです。

すまいバリュー一括査定へ

HOME 4 YOU 一括査定へ

まとめ

不動産一括査定サイトを効率よく使いこなすためには、提携している不動産仲介会社が重複していないサイトを組み合わせることが重要です。

より幅広い不動産会社に査定を依頼することができ、高額売却や信頼できる不動産会社を見つけやすくなります。

私のおすすめは”すまいバリュー"と”HOME 4 YOU(ホーム・フォー・ユー)”の組み合わせです。2つのを組み合わせれば日本の主要な不動産会社に効率よく査定を申し込むことができます。

不動産価格は一声で50万・100万単位で違ってきます。

少しの手間をかけてあげるだけで数十万・数百万と売却価格が変わる可能性があるので、必ず一括査定に依頼してみることをおすすめします。

 - 無料一括査定