任意売却は誰の判断で決めていくの?

   

基本的には所有者の判断で

最初に任意売却を決めるのは不動産の所有者である本人です。ローンの返済が厳しく返済が滞っているならば、できるだけ負担を減らすためにも任意売却を選択することになるでしょう。

 

しかし、所有者本人がどうしても売却したくない、手放したくないと考えるのであれば強制的に任意売却にもっていくことはできません。

いずれ競売にかけられて強制的に他人の物になってしまいますが、本人が判断しない限りどうしようもありません。最初の判断は所有者本人にしかできないんです。

冷静に考えれば任意売却にすすんだほうがメリットが大きいのですが、長年暮らした家には様々な想いや気持ちがこもっています。頭ではわかっていてもなかなか判断できない人が多いのが現実です。

債権者の判断も必要

最初に任意売却の判断をするのは所有者本人です。しかし、本人が任意売却を希望したからといって不動産が簡単に売却できるようになるわけではありません。

 

住宅ローンが残っている物件には必ず抵当権がついています。金融機関からお金を借りるための担保として設定されています。この抵当権をはずすためには債権者の判断が必要です。

住宅ローンが滞納している状態であれば、債権者としてはいずれ競売にかけて強制的に売却しようと考えます。しかし、競売では売却価格が低くなってしまうため、債権者としてはおいしくありません。

そこで債務者より任意売却の申し出があった段階で、競売と任意売却ではどちらが回収できる金額が多きいかどうかを判断します。

一般的に不動産の競売においては相場の50%~70%程度にしかなりません。そうなると任意売却の方が利益があると判断する債権者がほとんどです。

所有者本人の決断と、債権者による判断が合わさって任意売却が実行されていきます。

その他に判断する人

家を共有名義で購入した場合は共有名義人の同意も必要です。民法の条文には物件の変更(売却)をするときには共有者全員の許可が必要であると明記されています。

 

もし共有名義で登記されているのであれば、本人や債権者だけの判断ではどうにもなりません。本人、共有者、債権者のすべての関係者が任意売却を判断することになります。

まとめ

任意売却を一番最初に決断するのは不動産所有者で住宅ローン名義人の本人です。まず本人が判断しない限り、任意売却にかんするすべての物事は進んでいきません。

本人が任意売却に積極的でも、債権者の判断がなければ話はまとまりません。債権者も売却に応じ、抵当権の抹消手続きが可能になって売却が実現します。

共有者がいる場合、共有者の判断も必要です。共有者の同意をもらってから不動産を売却しましょう。

 - 任意売却