任意売却が恥ずかしい?返済の悩みがあるなら早めに行動するべき理由とは

   

恥ずかしさやプライドが邪魔をしてしまい、任意売却になかなか踏み出せないのではありませんか?恥ずかしい気持ちはわかりますが、任意売却は恥じるようなことではありません。なぜ恥ずかしがる必要がないのか、プライドがどれだけの損失をもたらしてしまうのか、しっかり理解して早めの行動をすることで結果的に負担を軽くすることができるんです。

任意売却が恥ずかしいと感じる理由

そもそもなぜ任意売却を恥ずかしがってしまうのでしょうか。

理由を考えれば恥ずかしさの原因がわかりますし、恥じる必要がないこともわかってもらえるはずです。

売却理由がネガティブ

任意売却にはネガティブなイメージがありますよね。

なぜかというと任意売却に至るまでの原因がネガティブだからです。

任意売却をせざる負えない状態というのは、何かしら金銭的な問題を抱えたときです。

住宅ローンの返済ができない、不動産を担保にした借金が返済できない、といった具合に金銭的な問題が発生した時に行うのが任意売却です。

任意売却というのは金銭的な問題とイコール関係にあるため、多くの人はネガティブなイメージを持ってしまっています。

自分を責めてしまう人は要注意

借金問題で悩んだとき、人は2つのタイプに分かれます。

「しょうがなかった」とサバサバできる人と「自分はダメな人間だ」と自分を責めてしまう人です。

収入が急に断たれてしまったり、事業が上手くいかなかったりと、人生は自分の力でどうにもできないこともあります。

とくにお金の問題については社会の状況も大きくかかわってくるので、自分がどれだけ頑張っても避けられないということは珍しくありません。もらい事故のようなものです。

それを「自分が悪い」としてしまうと、損害を最低限に押さえる手段を考えようとしなくなってしまいます。

自分を責めやすい人は往々にして任意売却や自己破産といったことを恥ずかしいと感じやすいです。

任意売却も自己破産も苦しんでいる人を助ける救済措置のようなものですので、イメージに騙されないことが大事です。

任意売却のことをよく知らない

そもそも任意売却がどういったものなかを知らないと、多くの人が持っている”恥ずかしい”イメージに踊らされてしまいます。

プライドが邪魔をしたり、恥ずかしさが勝ってしまい、解決のための一歩を踏み出せないでいるのなら、任意売却のしくみや実態だけでも調べてみましょう。

専門家に相談するのがベストですが、人に相談するのはハードルが高いと思います。

本サイトでも任意売却のことは数多く記事にしていますし、ネットを探せばいろいろな情報がでてきます。

任意売却がどれだけ自分の負担を軽くするのかを理解することがでkりえば、前向きに取り組みやすくなるのは間違いありません。

ちなみにネットの情報は間違えていることがあったり、不必要に任意売却のイメージを悪くさせているようなものもありますので注意しましょう。

プライドが邪魔をして任意売却を避けていると…

恥ずかしさやプライドが邪魔をして任意売却を避けていると、事態はどんどん悪いようになってしまいます。

宝くじが当たってローンを全額返済!といような一発逆転があれば話は別ですが、まずそんなことはありません。

一発逆転を待つのは自由ですが、奇跡のような出来事を信じて何も手を打たなければ、事態はどんどん悪化してしまいます。

差し押さえをうけて競売にかけられる

任意売却をするかどうかは本人の自由ですが、家を売却して売却資金の一部または全部を返済しなければ、やがて家を差し押さえられてしまいます。

任意売却の細かいスケジュールについては下記の記事に詳しく書いていますが、”期限利益の喪失”から4か月ほどで競売開始が決定します。

競売開始の決定の時点で家は差し押さえられ、自分で自由に売却することが不可能になります。

その後、競売を経て物件を引き渡すことになるまで約6ヵ月ほどです。

つまり期限利益の喪失から約1年ほどで、強制的に家をでなければいけない状況になってしまいます。

とにかく時間を稼げばどうにかなる!というのであれば、任意売却をしないのも方法かもしれませんが、競売にかかりそうなケースではほぼ100%時間がたてばたつほど事態は悪化していきます。

あきらめるのではなく、いろいろな選択肢を知ることで解決することもあるので、任意売却について正しいことを知っておくのは悪い事ではありません。

競売での落札価格は市場価格より圧倒的に安い

競売を避けたほうがいいのは、落札価格が市場での売却価格より圧倒的に安いからという理由もあります。

任意売却の売却方法は一般的に不動産を売却する方法となんら違いはありません。

不動産仲介に依頼をして、広告宣伝をしてもらい、一般のお客さんを広く集めて、気に入ったお客さんに購入してもらう、という普通の不動産売買の方法です。

競売と違って特殊な方法ではなく、市場価格に合わせた価格で売却できるチャンスがあるんです。

家やマンションなど、所有している不動産を高く売却することができれば、それだけ返済の負担を軽くすることができますし、返済分を上回ることができれば今後の生活費や引っ越し代なども賄うことが可能です。

競売においては不必要に安く売却されてしまうので、任意売却を使うのは恥ずかしいことではなく、正当な売却方法としてあなたを助ける手段になってくれるんです。

任意売却が恥ずかしいと思う人なんていない

任意売却が必要な立場になるとどうしても”失敗した”という印象のある任意売却が恥ずかしいと感じてしまいがちです。

でも多くの人は任意売却がどのようなものか知りません。たぶんあなたも今の立場になるまで、任意売却なんてほとんど知らなかったのではないでしょうか?

もし知り合いに任意売却を知っている人がいたとしても、自分から言わない限り任意売却がバレることなんてありませんので、少しでも悩んだら早急に相談してみるのがベストです。

仲介業者や専門家だってなにも思わない

仲介業者や専門業者にどう思われるだろう?

と考えてしまう方もいるでしょう。

しかし彼らも任意売却だからといって、なにか特別な感情やネガティブな感情を持つかといえば、そんなことはありません。

仲介なら不動産を売却することに変わりはありませんし、誤解を恐れずに書けば、確実に売ることが決定している任意売却の案件は喜ばれることのほうが多いです。

任意売却の案件をメインで扱っている専門業者も同じですし、彼らは任意売却後の生活も含めて債権者と交渉してくれます。

仲介業者や専門業者にも気兼ねなく相談するべきですし、あなたが思っているほど彼らは任意売却する人のことを、いい意味でなにも感じていません。

お医者さんが病気を見るような感覚と同じように、彼らもまたこちらの悩みを解決するために動いてくれるんです。

プライドや恥ずかしさは邪魔なだけ

ローン返済や借金返済で悩んでいるときには、プライドや恥は必要ありません。

プライドや恥ずかしいという気持ちはとても大切です。

誰も見ていないところでルールを守ったり、夢や目標のために頑張るのはプライドによるものだったりします。だから全く不必要という訳ではありません。

しかし任意売却を考えるタイミングでのプライドや羞恥心は全く必要ありません。

返済できない自分に責任を感じてしまうからこそ”恥ずかしい”という気持ちがでてきてしまうのですが、そうであればまずは返済の負担を軽くし、今後の生活の基盤をつくりことがなにより重要です。

このままなにもせず、競売によって強制的に自分の家を追い出されしてまう。このことの方がプライドは傷つくし、恥ずかし思いをすることになってしまいます。

プライドや恥を捨てる必要はありませんが、このタイミングでは感情論をグッと抑えて、合理的な判断をしていきましょう。

任意売却にはメリットしかない

はっきりいって任意売却にはメリットしかありません。

競売までの間に市場価格で売却できる最後のチャンスですし、債権者と話しあうことで引っ越し代や当面の生活費を確保できる可能性もあります。

不動産のことをあまりよく知らなくても、不動産仲介や専門業者に依頼すれば債権者との交渉など自分でやる必要もありません。

ただ一点あえてあるとすれば、競売に比べて家に住んでいられる期間が短くなってしまうという点です。

競売では引き渡しまで1年ほど住んでいられる可能性がありますが、任意売却では数カ月といった期間です。売却がすぐに決まれば、1,2月での引っ越しも考えられます。

しかし売却価格や交渉できる点を考えたら、やはり競売よりも圧倒的にメリットの方が多いのが任意売却であることは間違いありません。

任意売却は恥ずかしいことじゃなくあなたを助ける手段

普通に生活している人のほとんどは知らないと思いますが、少し調べてみると、任意売却まわりのイメージがよくないのはたしかかもしれません。

借金、競売、自己破産といったワードがならび、マイナスイメージのオンパレードです。

これから先どうなってしまうのか…

不安いっぱいの中でこのようなワードを見たり聞いたりしていたら、精神的に参ってしまうでしょう。

しかしすでに書いたように、任意売却は少しでもあなたの負担を減らすための手段です。ただの方法でしかありません。

借金でどうしようもない状態のときに自暴自棄になってしまう人も多いですが、まずは冷静になって任意売却がどうして必要なのか考えてみましょう。

そして任意売却とはどのようなものなのか、どうのような目的で行われているのかを調べてみることです。

そうすることによって任意売却が恥ずかしい行為ではなくて、今後の経済的負担を軽くするためなのだ、ということがわかります。

負担を軽くするための救済手段と考えれば、全く恥ずかしがる必要もありませんし、プライドが傷つくこともありません。

返済が厳しいと感じたらすぐに相談しよう

ローンの返済が厳しくなってきたら、まずは専門業者や仲介に相談してみることをおすすめします。

相談のタイミングが早ければ、任意売却を避けることも可能かもしれません。個人再生を利用して、マイホームに住みながら返済をしていくという方法もあります。

個人再生については税理士への相談がおすすめですが、どちらにしても競売が開始されてしまえば選択肢がほとんどなくなってしまいます。

身動きが取れなくなる前に、まだ余裕があるうちに行動することこそが一番の解決方法になります。

まとめ

プライドや羞恥心が邪魔をして、任意売却に踏み切れないという方は少なくありません。

任意売却にマイナスイメージを持っているのは当人だけで、ほとんどの人は任意売却がどんなものか知りません。

相談するのが恥ずかしい方もいますが、仲介や専門業者・税理士などは毎日のようにそういった方と仕事をしていますので、余計な感情を持つことはありません。

医者に対して恥ずかしいという感情を持つ患者がいないように、任意売却の相談や行動も恥ずかしいという感情を持たないようにしてみましょう。

 - 任意売却