任意売却を考えたらどこに相談するべき?再スタートを上手に切る方法

疑問がある夫婦のイラスト画像

      2017/12/01

住宅ローンの返済に困ったり、借りたお金の返済が滞ってしまったときの解決方法として任意売却があります。任意売却はスピード勝負です。専門家に相談して早期に解決をはかることで負担を最小限に抑えることができます。

任意売却はスピード勝負!すぐに専門家に相談

住宅ローンや借金返済の滞納がつづき、返済の当てがないのであれば差し押さえを受けるまえに任意売却を検討しましょう。

相談を受ける女性担当者の写真

そのまま滞納が続いてしまえば、競売にかけられてしまいます。

競売にかけられてマイホームが売却されてから実際に第三者に引渡されるまでには約1年ほどかかりますが、落札されてしまえば強制退去の可能性もあります。

しかも競売での落札価格は市場価格よりも圧倒的に安く競り落とされます。

今後の生活をやり直すために、競売にかけてしまうのは得策ではありません。

任意売却で市場価格に近い値段で売れば、その分負債を減らし再スタートもしやすくなります。

最終的に売却するかどうかは別にしても、返済が苦しかったり資金繰りが辛くなったら早めに相談するようにしましょう。

任意売却の相談ができる3つの相談先をご紹介します。

1・不動産仲介業者

不動産を売るときには仲介業者が欠かせません。不動産を売るプロフェショナルなので相談先としては妥当なところです。

仲介担当者のイメージ写真

しかし不動産業者は不動産を販売することにかけては一流であっても、任意売却に関しては素人レベルの知識しか持ち合わせていない担当者も少なくありません。

任意売却は通常の売買とは異なる業務も多いです。債権者との交渉、競売までのスケジュールとの戦い、といったことは普通の不動産売買では経験することができないため、経験の浅い仲介業者に任せるのは多少の不安が伴います。

不動産仲介業者であれば近隣の駅や市街にたくさんあるので気軽な相談先としては間違ってはいませんが、任意売却の経験がないと感じたら相談先を変えたほうがいいでしょう。

2・弁護士

弁護士事務所でも任意売却の案件を取り扱っているところがあります。法律のプロですし債権者とのやりとりも慣れています。相談先として安心できるでしょう。

弁護士のイメージ写真

ただしひとつだけ弱点があります。任意売却の場合は不動産を売却する技術が必要になります。

普通の借金問題なら自己破産や任意整理をしておしまいなので、弁護士だけで完結しますが、任意売却の場合は不動産を売却しなければいけません。

弁護士が不動産の仲介を日常的に行うことは皆無なので、売買のノウハウをもっている弁護士というのは皆無です。

一般的に弁護士が任意売却の案件を預かっても、販売に関しては必ず不動産仲介業者が絡みます。

不動産仲介を絡めてマイホームを売却すれば仲介手数料が発生するのは間違いありません。

結局弁護士費用と仲介手数料がダブルでかかってしまうため、あまりおすすめの相談先ではありません。

法律の専門家としては安心できますが、できるだけ費用をかけたくないので任意売却の相談先としては適当ではありません。

3・任意売却専門不動産会社

不動産会社のなかには任意売却を専門に行っている不動産会社というものがあります。

契約書と判子の写真

普段は通常の仲介業務を頻繁に行い、任意売却の案件も積極的に行っている会社もこれらに含みます。

任意売却の業務では、

金融に関する知識
不動産に関する知識
仲介の経験
債権者交渉の技術

といったさまざまな知識、経験、能力が必要になります。

また売却後にスムーズに新生活をはじめらるように段取りすることも、任意売却を仲介する不動産会社の腕の見せ所です。

売主にびた一文も手元に売却資金が残らないようでは、生活を立て直すこともできませんよね。

専門会社ではそられのすべてを段取りすることにとても慣れているんです。

今後の生活がうまくいくように手元に多少お金が残るように債権者と交渉し、できるだけ有利な状況をつくるのは任意売却専門業者ならではです。

総合的に考えると相談先として安心できるのは仲介経験の豊富な任意売却専門会社ということになるでしょう。

しかし専門会社もピンからキリまで存在しています。

経験が全くないのにも関わらず任意売却”専門”の看板を掲げている会社もあるので注意しましょう。

まとめ

任意売却について相談する代表的な場所として3つあります。不動産仲介業者、弁護士、専門会社の3つです。

どの相談先も一長一短ありますが、経験豊富で知識もあることを考えれば任意売却専門の会社に相談するのが安心です。

専門会社の場合、数多く任意売却を手掛けているのでどのような相談でも経験に基づいた話を聞くことができます。

任意売却は不動産を売却して終わりではありません。

借金分を返済しつつ今後の生活のスタートを切るためにも、信頼できる任意売却専門会社を選びましょう。

 - 任意売却