媒介契約の種類とは?

   

媒介契約について

不動産を売却するときには不動産屋さん(宅地建物取引業者)に依頼して、販売を代行してもらうのが一般的です。

「媒介」というのは見慣れない単語ですが、簡単にいうと「仲介」とほぼ同じ意味です。

媒介契約というのは「仲介をするための契約」といった意味合いになります。

不動産仲介業者は不動産の販売を依頼をされたり、物件を探してほしいとの希望を受けたりしたときには、媒介契約を書面化して結ぶ義務があります。

そして、その媒介契約は大きく分けて3種類あり、それぞれに義務付けられている業務の内容が違ったりします。

一般媒介契約

一般媒介契約は複数の宅地建物取引業者(不動産仲介業者など)と結ぶことができます。つまり、何社かの不動産仲介業者に同時に媒介を依頼することができます。

一般媒介契約には明示型と非明示型が存在しています。明示とはどこの業者と一般媒介を結んでいるかを明示します。

A社と一般媒介の契約をするときに、B社とC社とも契約していることを通知する形態の一般媒介契約が明示型となります。

非明示型はその逆で他と結んだ媒介業者を明かさない形態の契約になります。

専任媒介契約

専任媒介契約とは1社だけに媒介の依頼をして、他の宅地建物取引業者(不動産仲介業者など)とは媒介契約を行うことができない媒介契約です。

専任媒介契約の場合には契約を結んだ業者以外との媒介を結ぶことはできませんが、自分で見つけたお客さんであれば、仲介業者を挟まず契約することできます。

専任媒介契約では2週間に1回、販売活動などの業務報告をすることが義務付けられています。

また、専任媒介契約で預かった物件には、7日以内にレインズという宅地建物取引業者用の不動産データベースに登録することが義務付けられています。

尊属専任媒介契約

専属専任媒介契約は専任媒介のように複数の宅地建物取引業者と媒介契約を結ぶことができないことに加えて、自分で見つけてきたお客さんでも直接契約することは許されません。

専属専任媒介契約では1週間に1回、販売活動などの業務報告をすることが義務付けられています。

また、専任媒介契約で預かった物件には、5日以内にレインズという宅地建物取引業者用の不動産データベースに登録することが義務付けられています。

どの媒介方法がおすすめなの?

最初は専任媒介で1社の仲介業者に依頼したほうが良いでしょう。

不動産仲介業者は自社で成約して初めて資金を回収することができます。

一般媒介では他社に成約される可能性が高いので、販売活動にあまり費用を掛けることができません。

専任媒介であれば、もし他の仲介業者がお客さんを見つけてきたとしても、売主側からの仲介手数料は確実に手に入るので、宣伝広告に費用を使うことができます。

しばらくは専任媒介で依頼して、あまりに売れないようであれば一般に変更して広くお客さんを探してみると良いでしょう。

まとめ

一般媒介は複数の仲介業者に同時に販売活動を依頼することができます。

専任、専属専任媒介の場合は1社だけに販売活動を依頼する契約です。

専属専任媒介では自分で見つけてきたお客さんでも、専属専任を結んだ仲介業者をはさんで契約する必要があります。

初めて売却をする物件であればまず専任媒介契約することをお勧めします。

 - 不動産売却Q&A