不動産の売却依頼は一社に任せた方がいい?

ビジネスパーソンのクレイアート

   

初めてなら一社に任せよう

不動産を売るときに悩むのが仲介業者の選択です。仲介業者と売却の依頼を交わす方法は大きくわけて2通りあります。

一般媒介契約と専任媒介契約というものです。一般媒介契約は複数の仲介会社に売却活動を依頼することができます。

専任媒介契約は契約を交わした仲介業者以外と結ぶことができません。一見して一般媒介契約の方が売れそうな気がしますが、実はそんなことはありません。

とくに初めて不動産を売却する(どこにも情報をだしていない)のであれば一社にお任せして売却を進めたほうが、売る側にとってお得になることが多いです。

販売活動の仕組み

どうして一社に任せたほうがメリットがあるのか説明していきたいと思いますが、その前に一般媒介と専任媒介の違いについて少し確認しておきましょう。

一般媒介は複数の業者と交わすことができます。たとえばA業者、B業者、C業者、と媒介を結ぶことが可能です。

もしC業者が買主を見つけてきたらC業者は売主、買主の双方から仲介手数料がもらえます。A業者とB業者に仲介手数料は発生しません。

専任媒介の場合は一社が売却の窓口を一括で代理します。

たとえば売主がA業者と専任媒介契約を結んでいた場合、C業者はお客さんを見つけても直接売主と交渉することができません。

かならずA業者が売主側に入り、仲介手数料については売主→A業者、買主→C業者となります。

仲介業者からすると一般媒介の場合は手数料が一銭も入らない可能性があります。

反対に専任媒介の場合はもし買主を見つけてくることができなくても、売主からの手数料は確保することができます。

一社に任せるメリット

一社に任せるということは、仲介業者と専任媒介契約を結ぶということです。

専任媒介であれば仲介手数料をもらえる確率が高くなるので、仲介業者としても販売宣伝活動に費用をかけることができます。

一般媒介では手数料をもらえないリスクがあるためなかなか費用をかけることができません。

一社に任せるといっても専任媒介を結んだ業者は自社だけでお客さんを見つけるわけではありません。

レインズという不動産業者専門のデータベースに乗せて、他の仲介業者にむけてしっかりお客さんを募集します。

手数料額は減ってしまいますが新規物件であれば他の不動産業者も物件を紹介したがります。だからこそ最初は専任媒介契約のほうがメリットがあるんです。

売れないときは一般で

一社に任せていてしばらく売れないときは、一般媒介に変更してみましょう。

仲介業者の中には両手(売主と買主から手数料をもらうこと)じゃないと物件を紹介しないところもあります。

そういった業者がお客さんを隠している可能性もありますので、しばらく売れないときには一般媒介に切り替えて販売していきましょう。

まとめ

初めて不動産を売却するのであれば一社に任せましょう。仲介業者もその方が宣伝広告に費用を使ってくれます。

しばらく売れないときは一般媒介に切り替えて、広くお客さんを集めるようにしましょう。

 

 - 不動産売却Q&A