売却時にかかる税金の節税方法とは?

主婦とお財布のイラスト

   

不動産売却時の節税方法

不動産を売却すると税金が発生することがあります。

売却不動産が購入したときよりも高く売れて利益が発生したときに、その利益に対して課税されます。

不動産売却によって得る諸所得のことを譲渡所得といいます。

譲渡所得は給与所得など、他の所得と通算せず、譲渡所得だけで申告を行います。

売却によって損失が出た場合は税金が発生することはありません。さらに住宅ローンが残っている場合は他の所得と通算できる可能性があります。

節税というとグレーな手法を使ってギリギリの節税を行う人もいますが、一歩間違えれば脱税で捕まる可能性があります。

譲渡所得には控除や特例が豊富です。

とくに個人がマイホームを売却する場合などは、控除や特例を利用するだけで所得税や住民税を無税にできる可能性もあります。

グレーで怪しい方法を利用しなくても十分節税は可能です。

国が用意している控除や特例を用いて、クリーンな節税を行いましょう。

譲渡所得に利用できる控除や特例

譲渡所得が発生したときに利用できる控除や特例を紹介します。ここではマイホームの売却時に利用できる控除や特例を紹介します。

売却による控除や特例

・3,000万円の特別控除

譲渡所得3,000万円までを控除する制度です。所有者一人につき3,000万円までなのんで、共有者が2人いれば合計6,000万円もの控除を受けることができます。

またこの制度は短期所有や長期所有といった所有期間での区切りがないため、幅広く利用することができます。

・6,000万円までの軽減税率

所有期間が10年を超えたマイホームを売却するときは6,000万円までの軽減税率が適用できる可能性があります。

譲渡所得が6,000万円までの部分を所得税10%、住民税4%の合計14%、6,000万円超えの部分は所得税15%、住民税5%の合計20%に軽減することができます。

また、この軽減税率は3,000万控除と併用することができます。

たとえば5,000万円の譲渡所得が発生したときには,3,000万円は控除、残りの2,000万円は軽減税率の適用とすることができます。

・買い換え特例

マイホームを買い換えたときに受けられる特例です。たとえば不動産を3,000万円で売却して1,000万円の譲渡所得がでたとします。

買い換えで4,000万円の家を購入したとすると手元にお金は残りませんよね。

このとき特例を利用すると譲渡所得の1,000万円を繰り越すことができます。

繰り越すというのは、今回は譲渡所得を無いものとして次回不動産を売却するときに1,000万円の費用が上乗せされます。

まとめ

一般的なマンションや戸建てを売却するのであれば、ここで紹介した控除で十分なほど譲渡所得を減らせることができます。

ただし、利用するためには各種条件がありますのでよく調べてから適用を受けるようにしましょう。

 - 不動産売却Q&A