信用できる仲介業者を選ぶポイントは?

固い握手をしているビジネスマン

   

信用できる仲介業者と営業担当者とは?

不動産の売買を進めていくためには、いまのところ仲介業者を利用するのがベストな方法です。

ヤフー不動産などオークションを利用した販売方法も登場していますが、やはり信頼度の問題からいえば、まだまだ仲介業者を利用したほうが安心できます。

ただし、仲介業者の全部が全部信頼できる質の高い業者なわけではありません。

なかには会社の対応が悪く、担当者の質が低いところも存在しています。

不動産を売却するのは一生に一度か二度あるかないかといいった人が大半です。そのようなときに質の悪い不動産仲介に付き合わされ、トラブルに巻き込まれてしまっては目も当てられません。

そこで仲介業者と担当者を選ぶときのポイントをご紹介します。参考にしていただき最良の不動産パートナーを見つけていただければうれしいです。

1、宅建番号をチェック

宅建番号をチェック宅建番号とは宅地建物取引業を営業する際に許可を受ける番号で”国土交通大臣免許(1)○○号”や”東京都知事免許(2)○○号”といった表記になります。

()の中にある数字でその会社がどのぐらい長い不動産経験があるのかの目安になります。5年毎更新なので()内の数字が2であれば5年以上は営業していることになります。

不動産業は経験がものを言います。経験豊かな会社を選ぶためにも宅建番号の数字を参考にしましょう。

ただし宅建番号の古い会社を受け継いで実際の社長やスタッフは経験が浅いというケースも稀にありますので、あくまで参考にする程度にしておきましょう。

2、会社の雰囲気をチェック

会社の雰囲気が悪いところはやめておいた方が良いでしょう。

雰囲気といっても抽象的で分かりづらいかもしれませんが、あまり信頼できない会社の特徴は会社に入った瞬間に雰囲気が悪いのがわかります。

スタッフ同士の関係が悪いためなのか、お客さんを大事にしていないのか、入れば確実にわかります。

ギクシャクしている会社もあれば、来客しているにも関わらず会社のスタッフが大声で私語を話しているなどの会社は問題外です。

しっかりしている会社はこういったところの指導が行き届いています。不動産業者を選ぶときには必ず会社に訪問して雰囲気を確かめましょう。

3、会社が汚い、暗い

会社が汚いのはお客さんのことを考えていない証拠です。

もし大切なお客さんが自宅に遊びに来るときには家を綺麗にしてもてなしますよね。

会社が汚かったり、暗かったりというのはお客さんをもてなす気がないと言っているようなものです。

不動産仲介業者はお客さんの味方になって交渉する立場の人間です。

しかし、お客さんをぢ時にしていない会社では、ここぞという場面でお客さんの立場を代弁してくれない可能性があります。

たかが会社が汚いだけと考えるかもしれませんが、小さいところほど重要なものです。

もし仲介を依頼しようとしている会社がこのようなところだったら、他の会社を探すことをお勧めします。

まとめ

不動産売買を成功させるポイントは、最良の仲介業者を見つけることです。

仲介業者といってもピンからキリまで存在しています。知識も技術も見事なほどにプロフェッショナルな会社もあれば、素人同様の酷い仲介会社もあります。

ポイントを押さえて、一生に一度か二度あるかないかの不動産売買を成功させるためにも質のよい仲介業者を見つけましょう。

 - 不動産売却Q&A