不要な土地、売却か収益物件化か?

家の前に立つ老夫婦のクレイアート

   

売却するか賃貸にするか

不要な土地を持っていると、管理や税金の支払いなどの負担が大きく、そのままでは維持していくのが難しくなってきてしまいます。

土地の維持に関係する負担を軽くしようとするならば、2通りの方法が考えられます。

ひとつは土地の売却です。売却してしまえば土地を管理する必要もありませんし、売却資金としてまとまったお金が手元に入ってきます。

固定資産税の支払いもなくなりますので、売却後には今までの負担やストレスが無くなります。

もうひとつの方法としては借地として貸し出したり、アパートを建てて貸し出したりして、収益物件にする方法です。

借りてくれる人が見つかれば、毎月安定的に収入を得ることができます。

売却と収益物件化はどちらもメリット、デメリットがあります。

メリット、デメリットを比較して自分にあった方法で土地の処分を考えるといいでしょう。

土地売却のメリット

・まとまった資金が手に入る

売却するとまとまった資金を一度に手に入れられることができます。

事業上の支払いがあったり、借金を返済したいときなどには一度に資金が手に入る土地の売却はとても魅力的です。

・維持管理の必要がなくなる

所有権を移転してしまえば土地の維持管理をする必要は無くなくなります。

宅地などの場合、敷地内の木の枝が越境したりすれば隣地に迷惑が掛かってしまいます。

また、雑草が生え放題では近隣の方の迷惑になってしまいます。

土地の所有者には土地の維持管理をする責任がありますが、所有権がなくなればそういった煩わしさから解放されます。

・固定資産税の支払いが無くなる

当たり前のことですが売却をすれば固定資産税の支払いがなくなります。ただ土地を持っていただけでかかっていた税金は無くなります。

土地売却のデメリット

・財産としての土地が無くなる

土地という財産を手放す対価として金銭を受け取ることになります。一度売却してしまえば所有している土地は無くなってしまいます。

収益物件化するメリット

・不労所得を得られる

賃借人が見つかれば毎月安定した家賃を手にいれることができます。

売却してしまえばまとまった資金を手に入れることができるものの、土地という財産を失ってしまいます。

収益物件化をすればまとまったお金を手に入れることはできませんが、土地を失わずに安定的な収入を得ることができる可能性があります。

収益化するデメリット

・リスクがある

収益物件化しても必ず儲かるかどうかは未知数です。

立地条件、間取り、景気などに影響を受けて借りてくれる人が見つからない可能性もあります。

・維持管理が必要

収益物件は借りてくれる人の住環境を守る必要があります。

賃貸人の責任で保守、管理する必要があるので、その分の費用と手間を考慮しなければいけません。

管理会社に任せてしまうのが楽な方法ですが、費用負担が発生します。

まとめ

売却するにしても、収益物件化するにしても、どちらもメリット、デメリットがあります。

具体的にどちか悩んでいるのであれば具体的に試算を行いましょう。

不動産仲介業者に売却と収益物件化したときの試算を依頼すれば、喜んで行ってくれます。

自分で悩むよりもプロの意見を聞いてみることも大切ですよ。

 - 土地売却