建物を解体したほうが売りやすい?

建築模型と図面のフィギュア写真

   

建物は解体したほうが良い?

すでに更地になっている土地を売るときには気にする必要はありませんが、売却しようとしている土地に中古住宅などの建築物があった場合、解体を行うべきかどうかの問題が発生します。

売り土地として販売を行うのであれば、更地に戻しておいた方がお客さんの反応は良くなります。

しかし、解体を行うにも費用がかかります。建築物の大きさにもよりますが、一般的な木造住宅であれば200万円~300万円はかかります。

それらの費用を負担してまで解体する必要があるのでしょうか?

絶対に解体する必要はない

築年数が浅く、あまりクセの強くない建物であれば解体の必要はありません。そういった場合では土地として販売していくよりも、中古物件として売却していった方が良いでしょう。

そうすれば中古物件を探しているお客さんと、土地を探しているお客さんの両方をターゲットにすることができます。

築年数が古く、すでに建物として利用するのが難しい状態なのであれば解体しておくことで、土地を探しているお客さんの反応が良くなります。

一般のお客さんではなく不動産買取業者(建売業者やマンションデベロッパー)に売るときは建物は解体せずに、そのままにしておいた方が総合的にお得になります。

不動産買取業者の場合、解体工事を行う会社とのつながりがあるため、解体費用も一般価格にくらべて割安になります。

そのため、個人の売主が解体を行うよりも、業者サイドで解体をさせたほうが売却価格との差し引きを考えてもお得になりやすいんです。

確実に高く売れる訳ではない

土地は解体しておいた方が高額で売れるケースが多いですが、確実に高く売れる訳ではありません。

販売価格の総額は多少高くなるのは間違いありませんが、その分解体費用がかかります。

解体費用分を丸々相場分に上乗せして売却できるかというと、そうでもないのが実情です。

土地を含む不動産の価格は相場、環境、方角、道路付け、景気などさまざまな要因で決まっています。

したがって、解体をしたから確実に高く売れるほど単純な仕組みにはなっていないんですね。

ただ、解体を行うと高く売れる傾向があるのは間違いないので、土地の条件などに応じで個々の判断をするようにしましょう。

 

まとめ

建物の解体は絶対にする必要はありませんが、解体を行うと早く売れたり相場より高めに売れる可能性があります。

既存の建物が利用できるのであれば、中古不動産として売却しましょう。

 - 土地売却