土地売却の流れ

模型の家と計算機の写真

      2016/05/28

土地を売却するまで

土地を売却するまでの流れをみてみましょう。

マンションや戸建てなどと違って、建物のない土地の売却は比較的シンプルであると言えます。

とはいえ、不動産の契約になるのでトラブルの内容に十分な注意を行う必要があります。

また、既存の建物が古すぎて利用できないような状態の場合は、土地契約とするケースもあります。

このようなときには解体をどちらで行うかの取り決めをしておくことが大切です。

まずは土地を売却して引き渡しが終わるまでの大まかな流れをチェックしておきましょう。

土地の査定をする

土地に限らず不動産を売却するときは、まず査定を行って販売価格を決定する必要があります。

査定は仲介業者に依頼して行うと良いでしょう。自分で近隣の相場を調べて査定することもできますが、販売中の不動産は実際の取引価格とかけ離れている可能性があります。

リアルタイムでの相場を知るためには、毎日のように不動産情報と接している仲介業者を利用するといいでしょう。

お客さんを見つける

査定が終わったらお客さんを見つけるための作業に移ります。

土地の売却を成功させるためには、購入してくれるお客さんを見つけるのが最も重要な作業になります。

購入してくれる人がいない限り、売ることはできませんからね。

お客さんを見つける方法として最も有効なのは、不動産仲介業者と媒介の依頼(販売活動を依頼する契約)することです。

契約時に仲介手数料がかかりますが、しっかりした仲介業者であれば手数料以上のメリットを得られます。

お客さんを見つけるための宣伝広告は、不動産業者にお願いしたほうが確実に効率が良いです。

仲介業者が行う宣伝活動はネットやチラチのポスティングが主です。

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、自分で行えば大きな費用がかかります。効果も十分期待できます。

仲介に依頼せずに自分の力で販売できなくはないですが、トラブルになったときのことなどを考えれば仲介に依頼したほうが安全で確実に売却できるでしょう。

販売を始めると購入希望者が土地を見に来ます。

土地売却であればすでにそこに住んでいないでしょうから、とくに売主がすることはありません。

ただ、雑草の手入れなど更地としてみられるような状態にしておくとお客さんの反応は良くなるでしょう。

契約をする

見にきてくれたお客さんがいれば、いずれ気に入ってくれた人が購入申し込みを入れてくれます。

申し込み後、売買契約を締結します。

売買契約では物件の所在、面積、瑕疵担保責任の有無や期限、引き渡し時期などを明記して契約します。

契約する前には重要事項説明が行われ、物件についての説明が行われます。重要事項を行ってからでないと契約することはできません。

決済と引き渡し

契約が無事終了すれば、あとは決済と引き渡しを待つばかりです。

引き渡し日までは売主が物件をしっかり管理することが必要です。

しかし、建物などは無く火事で滅失することも考えられませんので、必要以上に心配する必要はないでしょう。

契約から決済まではおおよそ1か月程度になります。決済の場所は買主が利用する銀行で行うのが慣習になっています。

決済には買主をはじめ仲介業者、司法書士、銀行の担当者が集まります。

売買代金が売主の口座へ入金されたことが確認できた時点で、司法書士は登記所へ向かい所有権の移転登記を行います。

決済日を持って引き渡しとなり、以降は買主の所有となります。

まとめ

土地の売却はマンションや戸建ての売却に比べてシンプルです。

しかし宣伝広告や契約にかかる手間や労力は変わりませんので、仲介業者に頼ったほうがトラブルも少なく、効率良く売却することができます。

 - 土地売却